今季はほぼファーム暮らし



巨人・陽岱鋼

 リーグ3連覇を逃した巨人で厳しい立場に追い込まれている選手がいる。陽岱鋼だ。5年契約最終年の今季は不退転の決意で臨んだが、一軍出場は7試合のみで打率.143、0本塁打、0打点。シーズンの大半をファームで過ごした。

「動きを見ると34歳という年齢を感じさせないが、日本ハムからFA宣言して争奪戦になった5年前と置かれた状況はまったく違うのは間違いない。来年もNPBで現役続行するなら推定年俸3億円からの大幅減俸は避けられないが、格安の年俸ならば手を挙げる球団が出てくる可能性がある。今季外野のレギュラーが固まらず貧打に苦しんだ中日、外野陣が島内宏明、辰己涼介、岡島豪郎と左打者が多い楽天などは陽岱鋼が補強ポイントに当てはまる」(スポーツ紙記者)

 かつてはスピード感あふれるダイナミックなプレーでファンを魅了した。2013年に打率.282、18本塁打、67打点、47盗塁で球団史上初の盗塁王を獲得。翌14年も打率.293、25本塁打、85打点、20盗塁の好成績をマークする。他球団の選手たちが一目置いていたのが。中堅の守備だ。俊足を生かした広い守備範囲、球際の強さ、強肩でゴールデン・グラブ賞を4度受賞。「日本一のセンター」と評された。読者からの質問にプロフェッショナルが答える週刊ベースボールの「ベースボールゼミナール」という連載で、陽と対戦経験のある元ソフトバンクの野球評論家・柴原洋氏は「現在のプロ野球で最もうまい外野手のは誰?」(17年7月当時)という質問に対してこう語っている。
 
「個人的な見解ですが、私は昨オフに日本ハムから巨人に移籍した陽岱鋼選手を推します。何と言ってもあの守備範囲の広さは驚異的です。盗塁王を獲得したこともある脚力ももちろんですが、バッターの特徴をよくつかめている選手だなと感じます。打席にいるバッターによって、ちょこちょことポジションを変えていて、それによって打った瞬間は『抜けた』と思うような打球にも追いつくことができるんですね。一歩目が抜群に速いのも大きな特徴だと思いますが、日本ハム入団時はショートを守っていましたから、打球に対する瞬間的な動き(瞬発力)はもともと備えていたんでしょう。もちろん、捕球技術もあり、前の打球でも後ろの打球でも、追いつきさえすれば、必ずグラブに収めます。球際も非常に強いですね。右肩を痛めたことがあり、送球面では以前よりも強さがなくなりましたが、それを補って余りある能力を持っていると思います」

年々薄くなった存在感


 16年オフにFA宣言した際は29歳。まだまだ伸びしろを感じさせるパフォーマンスに他球団の評価は高く、巨人、オリックス、楽天が獲得に名乗りを上げた。レギュラー争いが激しい巨人への移籍を決断。5年契約を結んだが一度も規定打席に到達することができず、不完全燃焼のシーズンが続いている。17年は下半身のコンディション不良、18年は左手甲の骨折で戦線離脱。活躍しなければ、新たに加入した外野手が取って代わる。18年オフに広島から丸佳浩が、昨オフにはDeNAから梶谷隆幸がFA移籍してきた。存在感は年々薄くなり、三軍落ちの試練を味わった時もあった。

 今季はイースタンでも56試合出場で打率.238、6本塁打、22打点と際立った成績を残せなかったが、類まれな野球センスがこのまま終わってしまうのは惜しい。オフの去就が注目される。

写真=BBM