プロでスイッチヒッターに



横浜で好打を発揮した金城

 プロの世界は過酷だ。アマチュア球界から鳴り物入りで入ってきたドラフト1位の選手が思うように活躍できないまま、表舞台から消えてしまうケースは少なくない。その中で、社会人野球で4年間打席に立たず、プロ入り2年目でスイッチヒッターとして首位打者を獲得した選手がいる。漫画でも描けないような野球人生を送ったのがDeNA、巨人で活躍した金城龍彦だ。

 身体能力は幼いころから並外れていた。父は近鉄でプレーした金城晃世。その遺伝子を引き継いだのだろう。大阪の名門・近大付高では投手で同学年の藤井彰人(元阪神)とバッテリーを組んでいる。2年夏の大阪大会決勝では松井稼頭央、福留孝介を擁するPL学園高を撃破して甲子園に出場。金城は「一番・投手」で投打の中心選手だった。

 当時はプロのスカウトからも、投手としての評価が高かった。社会人・住友金属では直球と落差のあるカーブを武器に日本選手権優勝に導き、97年には優秀選手にも選ばれる。だが、投手としての限界を感じていたのかもしれない。本人はもっと先を見据えていた。打者として横浜(現DeNA)の入団テストを受けて合格。ドラフト5位で指名を受ける。強肩、俊足を高く評価されたが社会人の4年間で1度もバットを握っていないにもかかわらず、野手としてプロ入りすること自体がすごい。

 才能だけで成功できる世界ではない。もともと右打ちだったが、俊足を生かすためにスイッチヒッターへ。誰よりもバットを振り続け、打撃の土台を作り上げた。入団2年目の2000年。金城が球界の話題を独占する。進藤達哉の故障、波留敏夫の打撃不振もあり、「二番・三塁」に定着すると、驚異的なペースで安打を積み重ねる。一時は打率4割を超え、スポーツコーナーだけでなく情報番組でも取り上げられる事態に。打率.346、3本塁打、36打点、8盗塁でプロ野球史上初の首位打者、新人王を同時受賞した。


00年、首位打者と新人王を同時受賞した

 相手バッテリーは「何を待っているか読めないし、どんなコースでもヒットゾーンに飛ばされる」と嘆いていた。その打ち方は独特だった。ほかの打者は状態を突っ込まないように意識するが、金城は上体を突っ込み気味にしながらミートして力を伝える。ボールとの距離感をつかむためにはこのフォームが一番打ちやすかったという。

 突如現れた新星に、他球団のマークも厳しくなる。02年は打率.170に落ち込んだが、この後の活躍が首位打者を獲得した以上に価値がある。03年は打率.302、自己最多の16本塁打を放つなど3年連続打率3割をマーク。05年はロバート・ローズの球団記録にあと1本と迫る191安打、自己最多の87打点を記録した。内野から外野にコンバートされた外野の守備でも俊足を生かした広い守備範囲と強肩でチームを幾度も救った。

現在は巨人でコーチ


 06年に開催された第1回WBC大会に出場し、日本代表として世界一に貢献している。横浜で主力選手として16年間プレーし、14年オフにFA権を行使して巨人に移籍。15年限りで現役引退した。通算1892試合出場で打率.278、104本塁打、40盗塁。17年間の現役生活で1648安打を積み上げた。

 金城は人望が厚いことでも知られていた。DeNAでチームメートだった選手は「元気がない選手がいると声を掛けたり、いいプレーをするとほめてくれる。自分の調子が悪くても暗くならずにチームのことを第一に考えて振る舞っていた。金城さんほどの人格者はいないと思います」と振り返る。

 現役引退後は巨人のコーチに就任し、今年は三軍守備走塁コーチを務める。一軍の舞台で活躍することを夢見る育成選手たちの指導に全力を注ぐ。

写真=BBM