今日は何の日? 47年前、レイカーズがシーズン33連勝の金字塔を打ち立てる!

今日は何の日? 47年前、レイカーズがシーズン33連勝の金字塔を打ち立てる!

◆約2か月間も連勝街道を突っ走り、当時の最多勝記録となるシーズン69勝を樹立

 今からちょうど47年前。1972年1月8日(現地時間7日)は、ロサンゼルス・レイカーズがアトランタ・ホークスを134−90で下し、今もなお破られていない前代未聞の33連勝を達成した。

 71−72シーズンのレイカーズは、ジェリー・ウェスト(元レイカーズ)、ゲイル・グッドリッチ、ウィルト・チェンバレン(共に元レイカーズほか)、エルジン・ベイラー(元レイカーズ)という、将来のバスケットボール殿堂入り選手4人が在籍した超豪華チーム。

 シーズン序盤の71年11月6日(同5日)にベイラーが37歳で現役を引退するも、同日に行われたボルチモア・ブレッツ戦からレイカーズの連勝がスタート。そこから約2か月に渡って連勝記録を伸ばしていき、33も積み上げた。

 ビル・シャーマンHCが率いた当時のレイカーズは、グッドリッチ(平均25.9得点4.5アシスト)とウェスト(平均25.8得点9.7アシスト)による驚異のバックコートデュオを中心としたチーム。その周囲をジム・マクミラン(平均18.8得点/元レイカーズほか)、ハッピー・ヘアストン(平均13.1得点13.1リバウンド/元レイカーズほか)、そして1試合100得点など数多くの快記録を持つチェンバレン(平均14.8得点19.2リバウンド4.0アシスト)といった選手たちが囲むという布陣。

 ベンチにはのちにヘッドコーチとしてレイカーズに4度の優勝をもたらしたパット・ライリー(元レイカーズほか)らもおり、レイカーズはこのシーズンに当時NBA最多勝記録となる69勝13敗を記録。プレーオフを順当に勝ち上がり、NBAファイナルでニューヨーク・ニックスを4勝1敗で下して優勝を成し遂げている。

 ちなみに、レイカーズの連勝記録を33でストップしたのは、ミルウォーキー・バックスだった。1月10日(同9日)に行われた試合で、カリーム・アブドゥル・ジャバー(元レイカーズほか)がいずれもゲームハイとなる39得点20リバウンドに5アシスト、元祖“シーズン平均トリプルダブル”を達成したオスカー・ロバートソン(元シンシナティ・ロイヤルズほか)が17得点6リバウンドにゲームハイの9アシストをたたき出し、バックスが120−104でレイカーズに勝利してみせた。

 レイカーズが33連勝と69勝13敗を残してから約47年が経過し、シーズン最多勝記録は95−96シーズンにシカゴ・ブルズが72勝10敗で超えると、2015−16シーズンにはゴールデンステイト・ウォリアーズが73勝9敗で塗り替えた。しかし、当時のウォリアーズが14−15シーズン終盤から15−16シーズンにかけて28連勝を記録するも、このシーズンにレイカーズが残した33連勝は、未だに破られていない。

 今から約半世紀も前の記録ながら、レイカーズが47年前に樹立した33連勝は、NBAにおいて金字塔の一つとなっている。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索