ライジングゼファー福岡、AC兼通訳の仲西淳がGMに就任「フロントとの架け橋に」

ライジングゼファー福岡、AC兼通訳の仲西淳がGMに就任「フロントとの架け橋に」

 ライジングゼファー福岡は3月21日、アシスタントコーチ兼通訳の仲西淳が18日付けでゼネラルマネージャー(GM)に就任したことを発表した。

 仲西は現役時代、東京アパッチ、福岡、大阪エヴェッサ、山形ワイヴァンズなどでプレー。2016−17シーズンをもって引退すると、昨季はバンビシャス奈良で通訳兼スキルコーチを務めた。

 今季は現職とGM業を兼任し、2019−20シーズンからGMとしてチームを率いることになる仲西は公式HPで「シーズン途中での就任になりますが、現役時代にお世話になり、そして成長させて頂いたこの福岡の地でGMとしてキャリアをスタートさせて頂けるのを大変光栄に思います。GMというポジションはチームの舵を切る大変責任のある重要なポジションです。しっかり選手達の声に耳を傾けて、フロントとの架け橋になっていきます。また福岡の地にバスケットボールが文化として浸透していくよう努めていきます。引き続きシーズンが続きますが、絶対にB1残留に向けてチーム一丸になって戦いますので応援よろしくお願いします!」と意気込みを語った。


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索