【卒業特集】東藤なな子(札幌山の手)の高校3年間「つらいことから逃げないことを学んだ」

【卒業特集】東藤なな子(札幌山の手)の高校3年間「つらいことから逃げないことを学んだ」

3月中旬に都内で実施されたU19女子日本代表候補による第1次強化合宿には、17名の候補メンバーうち高校3年生(※2月27日現在)が12名招集された。そこで、高校生活を終えて次なる道へ進む彼らたちに、3年間の思い出や今後の抱負などを聞いてみた。

インタビュー=小沼克年

◆■東藤なな子(札幌山の手高校/北海道)

――今回の合宿の手応えはいかがですか?
東藤 ドリブルスキルとか自分に足りないものを中心的に学べたので、すごいタメになりました。

――1月にはアーリーエントリーでトヨタ紡織 サンシャインラビッツに入団しました。
東藤 もうスピードは通用しているなと思います。けど、やっぱり体の強さがまだ足りないですね。

――今振り返ってみて、どんな高校3年間でしたか?
東藤 (上島正光)監督から言われることや練習も厳しくてつらかったけど、そのつらさが楽しかったです。3年生の時はキャプテンだったので、みんなをまとめないといけないし、キャプテンらしい行動をするのが大変でした。

――3年間で一番学んだことは?
東藤 その瞬間がつらくても、その瞬間をがんばればその先は逆に楽できるってことです。監督も言うんですよ、「一瞬つらいことから逃げたら一生後悔する」みたいな。だから、その一瞬のつらいことから逃げずにがんばれば、どんなことからも強くなれると思ってます。

――3年間で一番楽しかったことは?
東藤 うーん、でもやっぱり部活が一番。同学年が仲良かったんで。みんなでバスケして、いい試合して勝てた時は楽しかったです。

――思い出に残ってる試合とその理由を教えてください。
東藤 (3年次の)インターハイ2回戦の京都精華(高校/京都府)戦ですね。1回戦目で監督にめっちゃ怒られて、試合後にキャプテンを降ろされたので……。「次の試合で(キャプテンの座を)取り返してこいよ」って言われたので、「何が何でもやってやる」みたいな感じでプレーして初めて足つるまで試合をやりました。

――後輩へメッセージをお願いします。
東藤 自分に自信を持つことだけは忘れないでほしい。

――今後の抱負をお願いします。
東藤 チームの軸になって、信頼されるような選手になるのが一番の目標です。どんな場面でも決めきる力を身に着けて、日本代表にも目指していきたいです。


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索