6月12日(現地時間11日)、NBAではプレーオフ カンファレンス・セミファイナルの第3戦が、東と西それぞれ1試合が行われた。

 イースタン・カンファレンスでは、フィラデルフィア・セブンティシクサーズがアウェーでアトランタ・ホークスと対戦。前半こそ61−56とわずかなリードで終えたものの、後半に突入するとゲームのペースを握る。ジョエル・エンビードやセス・カリーのジャンパー、ベン・シモンズのダンクなどで点差を広げると、第3クォーターで95−75と20点リード。主導権を獲得したシクサーズが127−111と勝利を収めた。

 第2戦から連勝し、シリーズを2勝1敗にしたシクサーズは、エンビードが27得点9リバウンド8アシスト、シモンズが18得点7アシストを記録。敗戦したホークスは、トレイ・ヤングが28得点、ジョン・コリンズが23得点7リバウンドをマークした。

 ウェスタン・カンファレンスでは、フェニックス・サンズがアウェーでデンバー・ナゲッツと対戦。ここまで2連勝するなど、シリーズ2勝0敗と大きくリードするサンズは、この第3戦でも試合を支配した。第3クォーター、得点と連続アシストを記録したクリス・ポールを中心に、サンズは攻撃のリズムを刻んでいく。同クォーターを90−76で終えてみせると、そのままリードを維持して116−102で白星を挙げた。

 ナゲッツに3連勝し、シリーズ突破まであと1勝となったサンズは、デビン・ブッカーが28得点6リバウンド、ポールが27得点6リバウンド8アシストをマーク。3連敗とあとがなくなったナゲッツは、ニコラ・ヨキッチが32得点20リバウンド10アシストとトリプルダブルを記録した。

■試合結果
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 127−111 アトランタ・ホークス
フェニックス・サンズ 116−102 デンバー・ナゲッツ