秋田ノーザンハピネッツは18日、ジョーダン・グリンと2021−22シーズンの契約を結んだと発表した。

 アメリカ出身で現在31歳の同選手は、201センチ101キロのスモールフォワード兼パワーフォワード。2011年にデンマークでプロデビューし、メキシコやプエルトリコなどを経て2020年に福岡へ入団した。今シーズンは出場した全46試合に先発出場し、989得点(平均21.5得点)420リバウンド(同9.1リバウンド)を記録。3ポイントシュートを得意としており、38.7パーセントで沈めた。

 グリンは加入にあたり、「これから新しいチームメート、コーチ陣、チームスタッフ、何よりもファンの皆様と関係を築いていけることを楽しみにしています。全力でプレーしてチャンピオンシップに出場し、優勝を目指して皆さんと一緒に戦う準備はできています」とメッセージを送った。

 また、クラブは「アウトサイドシュートが非常に上手な選手でもあり、高い得点能力もグリン選手の持ち味の一つです。さらに、優れた人間性でチームのリーダーとして秋田のために大きく貢献してくれることを期待しています」とコメントした。