群馬クレインサンダーズのマイケル・パーカーが、17日に行われたシーホース三河とのBリーグ第3節で、史上初となる個人通算1万3000得点を達成した。


 三河との第1戦を終え、個人通算1万3000得点まであと「2」に迫っていたパーカー。第2戦の試合序盤、トレイ・ジョーンズのパスを受けた背番号3は、シェーファーアヴィ幸樹のディフェンスをものともせずレイアップを沈め、新記録を達成した。

 現在39歳の同選手は、2007年に当時bjリーグのライジング福岡(現ライジングゼファー福岡)へ入団し、トヨタ自動車アルバルク東京(現アルバルク東京)所属時の2015年に日本国籍を取得。その後千葉ジェッツを経て2020年に群馬へ期限付き移籍し、今シーズンから完全移籍した。

【動画】10月17日群馬vs三河ハイライト