レバンガ北海道は6月13日、ライアン・クリーナーとの2024−25シーズンの選手契約に合意したことを発表した。

 現在26歳のクリーナーは、208センチ118キロのパワーフォワード。2020−21シーズンにベルギーのクラブでキャリアを始め、翌シーズンに愛媛オレンジバイキングスへ加入した。2023−24シーズンは滋賀レイクスでプレー。レギュラーシーズンは57試合の出場で1試合平均16.0得点6.3リバウンド1.5アシスト1.1スティールを挙げると、「日本生命 B2 PLAYOFFS 2023-24」では7試合で同10.6得点7.6リバウンド1.4アシスト1.0スティールの活躍で滋賀のB1復帰に貢献した。

 同選手、横田陽代表取締役CEOはクラブを通じて次のようにコメントした。

「チームの一員になることを楽しみにしています。そして、札幌の街を早く散策したいです。ファンの皆さんにお会いするのが待ち遠しく、今年を素晴らしいシーズンにしたいと思います。レバンガのために自分がB1で活躍できることを証明したいと思っていますし、この機会に感謝しています!」(クリーナー)

「このたび、レバンガ北海道は、B.LEAGUE 2024-25 SEASONにおきまして、ライアン・クリーナー選手と契約を締結したことをご報告申し上げます。クリーナー選手は高いポテンシャルを持ち、208cmながらトランジションゲームを得意とした選手で、攻守ともに常に勤勉にプレーすることができるだけではなく、ストレッチ4としても非常に遂行レベルの高い選手であると評価しています。Bリーグで3シーズンプレーしていることで、日本のバスケットにも順応しており、また、人間性も素晴らしく、常にチームに良い影響を与え、安定感のあるプレーでチームの勝利に貢献してくれることを期待しています」(横田代表取締役CEO)

2016年のNBAドラフトにて全体47位でオーランド・マジックに指名されると、トレードを経て、ポートランド・トレイルブレイザーズでNBAデビューを飾った。ミネソタ・ティンバーウルブズにも在籍し、2021−22シーズンまででNBA通算243試合に出場。2023−24シーズンに三河へ加入すると、レギュラーシーズン58試合の出場で1試合平均15.3得点5.8リバウンド1.8アシスト1.3スティールを記録した。