6月15日(現地時間14日)、「NBAプレーオフ2024」ファイナル第4戦が開催され、ダラス・マーベリックス(ウェスト第5シード)がホームでボストン・セルティックス(イースト第1シード)を迎え撃った。

 3連敗でシリーズ敗退に追い込まれ、GAME4での勝利が必須となったマブス。試合序盤からエースのルカ・ドンチッチが多彩なプレーで得点を奪うと、攻防のリバウンドも制してリードを広げていく。34−21の13点リードで迎えた第2クォーター、ドンチッチの連続スコアなどで11−0のランも披露し、61−35とマブスの大量リードで試合を折り返した。

 第3クォーターに入ってもマブスの流れは変わらず、ドンチッチやカイリー・アービングが個人技を決めれば、デレック・ライブリー二世の連続ダンクで会場のボルテージはマックスに。92−60で迎えた第4クォーターは互いに主力を下げ、マブスはティム・ハーダウェイJr.が5連続の3ポイントをヒット。そのままリードをキープし、最終スコア122−84の大勝を飾った。

 ホームで反撃の1勝を挙げたマブスは、ドンチッチが29得点5リバウンド5アシスト3スティール、アービングが21得点4リバウンド6アシストと、バックコート陣がチームをけん引。ベンチスタートのライブリー二世も11得点12リバウンドのダブルダブルを達成し、マブスの再起を期待させる豪快なダンクを叩き込んだ。

 一方、調子を落としたセルティックスはジェイソン・テイタムが15得点5リバウンド3アシスト、サム・ハウザーが14得点4リバウンド、ドリュー・ホリデーが10得点3リバウンドをマーク。試合を通してマブスの高さに苦しみ、リバウンド数では31−52と大きく差をつけられる結果となった。

■試合結果
ダラス・マーベリックス 122−84 ボストン・セルティックス
DAL|34|27|31|30|=122
BOS|21|14|25|24|=84

【動画】マブスのバックコートコンビがゲームを支配!