チームに勝利をもたらせなかったことを悔やんだ女子日本代表候補

チームに勝利をもたらせなかったことを悔やんだ女子日本代表候補

「平成30年度全国高等学校総合体育大会 バスケットボール競技大会(インターハイ)」女子準々決勝第3試合、桜花学園高校(愛知県)と八雲学園高校(東京都)が対戦。接戦が予想されたが、第2クォーターにリズムをつかんだ桜花学園が、後半も八雲学園の攻撃を抑えて74−48で勝利。ベスト4進出を決めた。

 試合後、メディア対応を行った桜花学園の井上眞一コーチは「ディフェンスの勝利」と笑顔で語った。改めて言うまでもなく、八雲学園のエースは今年度の女子日本代表候補にも選出された奥山理々嘉だ。この奥山のマークマンに井上コーチはU17女子代表でもある平下愛佳を指名。「大会前は伊森(可琳)をマッチアップさせる予定だったが、ケガをしてしまったので、脚力のある平下につかせた。インサイドでのポストアップをボディチェックで止めてくれた」と、平下の殊勲を称えた。

「何と言ったらいいか…」、試合後、なかなかロッカールームから出てこなかった奥山は記者を前に涙を目にためながらも、その後はしっかりとした口調で試合を振り返ってくれた。「自分たちはオフェンスを得意とするチームなのですが、八雲らしく攻められなかったのが勝てなかった原因だと思っています」と本来のバスケができなかったことを明かした。

 大会に入って八雲学園の高木優子コーチから「気負いすぎだよ」と指摘されていたという奥山。「いつもよりも思い切り(シュートが)打てなかったのは、そういうところが出たのかなと思います。ディフェンスやリバウンドは成長できてインターハイを迎えられたのに、オフェンスの部分で…、自分が攻め切れてなかったです」と振り返る。16点ビハインドで後半に入った場面では、「まだ20分あったのですから、3ポイントだけでなくもっと自分が中でボールをもらわなければいけませんでした。試合中それに気がついたのですが、自分が先生を含めてチームをひとつにまとめられなかったのは自分の力不足だと思います」と責めた。

 初の全国タイトルを目指して小牧に乗り込んできた奥山だったが「やってきたことを出せなかったことが悔しいです。それを出せて負けたら、ウインターカップに向けてもいい経験になったと思いますが何も残せなかった…」と再び言葉に詰まらせる。しかし、最後は「まだ大会があるので、前向きに頑張っていきます」と笑顔を見せた。

 自分たちのバスケができなければ、それを打破するのもエースの役割。苦しい場面でいかにチームを勝利に導いていくか、その責務も奥山自身は自覚している。この敗戦で何も得られなかったと語ったが、この経験が後に生きてくるように願うばかりだ。

文=入江美紀雄


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索