プレシーズンゲーム8日目の試合結果①、チャイナゲームズ初戦はシクサーズが勝利!

プレシーズンゲーム8日目の試合結果①、チャイナゲームズ初戦はシクサーズが勝利!

 10月6日(現地時間5日)、2018−19 NBAプレシーズンゲームは8日目を迎えた。ここでは、「NBAチャイナゲームズ」初戦を振り返っていこう。

■チャイナゲームズ 第1戦
フィラデルフィア・セブンティシクサーズ 120−114 ダラス・マーベリックス

◆ベテランのレディックが“パーフェクトゲーム”でゲームハイの28得点!

 1万5,992人もの観客が集まったメルセデス・ベンツ・アリーナ(上海/中国)で行われた、今年の「NBAチャイナゲームズ」初戦。この日最も光ったのは、シクサーズのベテランシューター、JJ・レディックだった。約22分のプレータイムでフィールドゴール10本、うち3ポイント7本すべて決めるパフォーマンスで28得点の“パーフェクトゲーム”を披露(フリースロー1本含む)。シクサーズはレディックのほか、ジョエル・エンビードが22得点10リバウンド4アシスト、新人ランドリー・シャメットが18得点、ベン・シモンズが9得点9リバウンド10アシストで勝利に貢献。

 一方のマブスはディアンドレ・ジョーダン、ハリソン・バーンズ、ダーク・ノビツキーが欠場する中、デニス・スミスJr.がチームトップの20得点に加えて5リバウンド5アシスト、マキシ・クリバーが17得点7リバウンド4ブロック、ルカ・ドンチッチが11得点6リバウンド3アシスト3スティール2ブロックを記録した。

 ウォームアップ時から豪快なダンクを繰り出していたスミスJr.は試合後、チャイナゲームズについて『AP』へこう語っていた。

 「このアリーナのエナジーは、僕にとってはオールスターウイークエンドを思い出させるね。ファンの声援がすごかったよ。コートにいた選手たちだけでなく、チームスタッフも含めて、皆がファンに感謝していた。ここでプレーすることができて良かったよ」。

 このあと両チームは深圳(シンセン)へ移動し、9日(同8日)に深圳ユニバーシアード・センターでチャイナゲームズ第2戦を行うこととなる。


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索