プレシーズンゲーム8日目の試合結果②、ニックスが無傷の3連勝!ペリカンズは3連敗

プレシーズンゲーム8日目の試合結果②、ニックスが無傷の3連勝!ペリカンズは3連敗

 10月6日(現地時間5日)、2018−19 NBAプレシーズンゲームは8日目を迎え、12試合が行われた。ここでは、そのうちの5試合を振り返っていこう。

■ブラジルのチームとのインターナショナルゲーム
オーランド・マジック 119−82 フラメンゴ

◆ゴードンが高確率に得点を重ねたマジックが快勝

 マジックのホーム、アムウェイ・センターでブラジルのフラメンゴを迎えたゲームは、アーロン・ゴードン(マジック)が12投中10本のショットを成功させるなどゲームハイの29得点に8リバウンドをマークし、勝利を手にした。マジックではゴードンのほかに、ニコラ・ブーチェビッチが21得点7リバウンド2ブロック、ルーキーのモハメッド・バンバが12得点9リバウンド4ブロックを記録。一方のフラメンゴは、一昨季までの13シーズンをNBAでプレーしたアンダーソン・バレージョ(元クリーブランド・キャバリアーズほか)が14得点12リバウンド、マーカス・ヴィニシャス・スーザが19得点を挙げた。

■NBA vs. NBL 第5弾
トロント・ラプターズ 120−82 メルボルン・ユナイテッド

◆パウエルやシアカムが活躍したラプターズが圧勝

 ラプターズはカワイ・レナードやカイル・ラウリーを休ませたものの、第3クォーターだけで一挙44得点の猛攻を見せるなどユナイテッドを寄せ付けずに38点差で一蹴。この日はノーマン・パウエルがゲームハイの21得点、パスカル・シアカムが19得点6リバウンド、デロン・ライトが15得点6リバウンド5アシストの活躍を見せた。ユナイテッドでは、キャスパー・ウェアとクリス・ゴールディング(共にガード)がそれぞれ17得点を挙げるも、大敗を喫してしまう。

■昨季のプレーオフ出場チームによるマッチアップ
ワシントン・ウィザーズ 121−114 マイアミ・ヒート

◆後半の得点ラッシュでウィザーズが逆転勝利

 前半こそヒートが59−51でウィザーズをリードしたものの、後半にウィザーズのオフェンスが爆発。最後の24分間で70−55とヒートを圧倒し、ホームのウィザーズが勝利を収めた。ウィザーズではブラッドリー・ビールの20得点を筆頭に、計6選手が2ケタ得点を挙げ、ジョン・ウォールがゲームハイとなる9アシストを記録。ヒートではジャスティス・ウィンズロウ(17得点)やロドニー・マグルーダー(15得点)が活躍したものの、後半に失速。

■ペリカンズのプレシーズン連敗ストップなるか?
ニューヨーク・ニックス 106−100 ニューオリンズ・ペリカンズ

◆ニックスが逃げ切り、プレシーズン3連勝

 第4クォーターこそ13−19とペリカンズの反撃を許すも、そのほかのクォーターでペリカンズよりも多くの得点を奪ったニックスが勝利し、これでプレシーズン無傷の3連勝となった。ニックスではティム・ハーダウェイJr.が両チームトップの21得点に5リバウンド5アシスト、エネス・カンターが20得点15リバウンド5アシスト、ランス・トーマスが13得点と続いた。新人ケビン・ノックスは12得点10リバウンドのダブルダブルを達成している。

 ペリカンズはニコラ・ミロティッチが19得点12リバウンド、アンソニー・デイビスが15得点13リバウンド4スティール3ブロック、ダリアス・ミラーが7投中5本の3ポインターを沈めて15得点をマークするも、これでプレシーズン3連敗。ジュリアス・ランドルを腰の痛みにより欠いていたものの、そろそろ勝ち星がほしいところだ。

■渡邊雄太のプレシーズンデビュー戦!
メンフィス・グリズリーズ 120−110 アトランタ・ホークス

◆ガソルとコンリーを中心に攻め立てたグリズリーズが初勝利

 ホームのグリズリーズは第1クォーター(34−26)と第3クォーター(35−20)でホークスを圧倒し、プレシーズン初勝利をつかんだ。グリズリーズではマルク・ガソルが21得点7リバウンド、ベンチスタートのマーション・ブルックスがフィールドゴール7本(うち3ポイント3本)、フリースロー1本をすべて決めるパーフェクトゲームで18得点、ジャマイカル・グリーンが13得点9リバウンド、マイク・コンリーが11得点をマーク。ホークスではタイラー・ドアシーが18得点6リバウンド、トレイ・ヤングが15得点5アシストを残すなど、計6選手が2ケタ得点を挙げるも敗戦。

 また、第4クォーター残り約7分20秒には渡邊雄太が出場し、プレシーズンデビューを飾った。最後までコートに立った渡邊は、2本の3ポイントを放つもミスしてしまい、無得点に終わる。出場直後はホークスの選手に目の前でダンクをたたき込まれるシーンもあったが、残り約1分にチームメートのターンオーバーから1対2の劣勢でファストブレイクを仕掛けられたシーンでは相手チームのロブパスをカットするなど徐々にアジャストして見せた。


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索