プレシーズンゲーム9日目の試合結果②、クリッパーズがレイカーズとの“LA対決”制す

プレシーズンゲーム9日目の試合結果②、クリッパーズがレイカーズとの“LA対決”制す

 10月7日(現地時間6日)、2018−19 NBAプレシーズンゲームは9日目を迎え、3試合が行われた。ここでは、2試合の結果をお届けしていこう。

■セルティックスのリベンジなるか?
クリーブランド・キャバリアーズ 113−102 ボストン・セルティックス

◆2年目のセンター、ジジッチが20得点と大活躍!

 カイリー・アービングとゴードン・ヘイワード不在のセルティックスを相手に、ホームのキャブスは前半から得点を重ねて58−43と前半を終えて15点をリード。後半にセルティックスが逆襲し、点差こそ縮まったものの、キャブスが逃げ切りに成功。

 ケビン・ラブ、トリスタン・トンプソン、ジョージ・ヒル、カイル・コーバーといった主力を休ませたキャブスは、2年目のアンテ・ジジッチが8投中7本のショットと6本すべてのフリースローを決めきりゲームハイの20得点、コリン・セクストンが13得点、ジョーダン・クラークソンが12得点6リバウンド、ラリー・ナンスJr.が10得点5リバウンドを奪取。セルティックスは、テリー・ロジアーとマーカス・モリスがそれぞれ17得点、アル・ホーフォードが10得点7アシストを挙げたものの勝利ならず。今季のプレシーズンを1勝3敗で終えた。

■アナハイムで行われたLA対決
ロサンゼルス・クリッパーズ 103−87 ロサンゼルス・レイカーズ

◆レブロン不在のレイカーズを、クリッパーズが後半に圧倒

 カリフォルニア州アナハイムにあるホンダ・センターで行われた“LA対決”は、前半こそ1点差の攻防となるも、後半にクリッパーズがレイカーズを52−37と突き放して勝利。これでクリッパーズはプレシーズン負けなしの3連勝。

 クリッパーズでは昨季の最優秀シックスマン、ルー・ウィリアムズがベンチからゲームハイの19得点、得点源のトバイアス・ハリスが18得点8リバウンドを挙げたほか、4選手が2ケタ得点。一方のレイカーズはカイル・クーズマが15得点、ブランドン・イングラムとケンテイビアス・コールドウェル・ポープがそれぞれ10得点、ラジョン・ロンドが6リバウンド10アシストを残すも、プレシーズン2勝目はならず。この試合ではレブロン・ジェームズが休息のため欠場していた。


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索