プレシーズンゲーム10日目の試合結果②、好調ジャズがプレシーズン4連勝!

プレシーズンゲーム10日目の試合結果②、好調ジャズがプレシーズン4連勝!

 10月8日(現地時間7日)、2018−19 NBAプレシーズンゲームは10日目を迎え、4試合が行われた。ここでは、残り2試合の結果をお届けしていこう。

■アデトクンボとタウンズというリーグ屈指の若手ビッグマンが激突
ミルウォーキー・バックス 125−107 ミネソタ・ティンバーウルブズ

◆アデトクンボ率いるバックスが勝利、タウンズの33得点も実らず

 昨季は共にオールスターとオールNBAチームに選出されたリーグ有数の若手ビッグマンを擁するバックスとウルブズ。バックスにはヤニス・アデトクンボ、ウルブズにはカール・アンソニー・タウンズという未来のスーパースターがおり、それぞれのチームがプレーオフ出場レベルの戦力を有している。この試合ではタウンズがゲームハイとなる33得点と大活躍を見せたものの、アデトクンボを中心とするバックスが制し、プレシーズン2連勝。

 バックスではアデトクンボが21得点10リバウンド、クリスチャン・ウッドが14得点6リバウンド、クリス・ミドルトンが13得点を挙げたほか、3選手が2ケタ得点。ウルブズではタウンズが33得点12リバウンドを奪ったものの、ウルブズはこれでプレシーズン3敗目(1勝3敗)を喫した。

■ノースウエストの強豪同士が今季初対決
ユタ・ジャズ 123−112 ポートランド・トレイルブレイザーズ

◆ジャズが後半にブレイザーズを圧倒し、プレシーズン4連勝

 ノースウエスト・ディビジョンで上位争いが期待されるジャズとブレイザーズの試合。前半はデイミアン・リラード、CJ・マッカラム、ユスフ・ヌルキッチという3本柱を中心に、ホームのブレイザーズが61−50とリードを奪う。ところが後半は73−51とジャズが大逆転。先発全員を含む7人が2ケタ得点をマークしたジャズは、これでプレシーズン4戦無敗。

 ジャズではドノバン・ミッチェルが21得点3スティール、ジョー・イングルズが12得点7リバウンド5アシスト、デリック・フェイバーズが11得点4リバウンド、リッキー・ルビオとルディ・ゴベアがそれぞれ10得点。ベンチからアレック・バークスが12得点、ジェイ・クラウダーが10得点を記録。ブレイザーズではリラードが23得点7アシスト、マッカラムが21得点4アシスト、ヌルキッチが20得点11リバウンド5ブロック、新人アンファニー・サイモンズが10得点をマークしている。


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索