プレシーズンゲーム11日目の試合結果②、サンズが王者相手にアウェーで勝利!

プレシーズンゲーム11日目の試合結果②、サンズが王者相手にアウェーで勝利!

 10月9日(現地時間8日)、2018−19 NBAプレシーズンゲームは11日目を迎え、8試合が行われた。本日は4試合ずつ結果をお届けしていこう。

■フロリダ州に本拠地を置くNBAチーム同士の対決
マイアミ・ヒート 90−89 オーランド・マジック

◆マジックの反撃をしのいだヒートがプレシーズン初勝利

 10点ビハインドで前半を折り返したアウェーのマジックが、後半に追い上げるもホームのヒートが逃げ切りに成功。プレシーズン3連敗後、ようやく1勝を手にした。ヒートではベンチスタートのロドニー・マグルーダーが19得点8リバウンド5アシスト、ゴラン・ドラギッチが16得点5アシスト、ケリー・オリニクが12得点、ジャスティス・ウィンズロウが11得点。マジックではニコラ・ブーチェビッチがゲームハイの22得点14リバウンド、ジェリアン・グラントが17得点、アーロン・ゴードンが12得点8リバウンド4アシストを残している。

■ニックスがホームでプレシーズン4連勝なるか?
ワシントン・ウィザーズ 110−98 ニューヨーク・ニックス

◆先発全員が2ケタ得点を挙げたウィザーズがニックスに初黒星をつける

 プレシーズン負けなしで3連勝中のニックスに対し、アウェーのウィザーズが第1、3クォーターに点差を広げて勝利。ウィザーズはブラッドリー・ビールの20得点を筆頭に、ジェフ・グリーン(16得点)、ジョン・ウォール(14得点6リバウンド9アシスト)、オットー・ポーターJr.(12得点6リバウンド)、イアン・マヒンミ(11得点)と先発全員が2ケタ得点。ベンチからはケリー・ウーブレイJr.が13得点、ジェイソン・スミスが11得点6リバウンドの活躍を見せた。一方、ニックスではティム・ハーダウェイJr.とアロンゾ・トリアーがそれぞれ18得点を挙げたほか、4選手が2ケタ得点を残したものの、プレシーズン初黒星を喫した。

■キングスがホームでイスラエルのチームと対戦
サクラメント・キングス 132−100 マッカビ・ハイファ

◆第2クォーター以降でキングスのオフェンスが爆発!

 イスラエルのチームを招いて行われたこの試合、第1クォーターこそ25得点ずつを挙げて同点で終えたものの、第2クォーター以降でキングスが107−75と一気に突き放して快勝。キングスではベンチスタートのバディ・ヒールドが高確率にショットを沈めて22得点5アシスト、ジャスティン・ジャクソンが18得点、ハリー・ジャイルズが16得点7リバウンド4ブロックをマークするなど計7選手が2ケタ得点を奪取。

 一方、ハイファでは元NBA選手のジョシュ・チルドレスがチームトップの18得点、ケネディー・ミークスが17得点9リバウンド4アシスト、スコット・マッカドゥが15得点4アシストと続いた。

■ドラ1センター、エイトンが王者ウォリアーズに挑戦
フェニックス・サンズ 117−109 ゴールデンステート・ウォリアーズ

◆3ポイントに活路を見出したサンズがウォリアーズに勝利

 この日、ライアン・マクドノーGMを解任したサンズが、王者相手に効果的に3ポイントシュートを沈めて勝利を収めた。サンズではライアン・アンダーソンが18得点5リバウンド、ディアンドレ・エイトンが18得点7リバウンド、トレバー・アリーザが17得点4アシスト、TJ・ウォーレンが15得点を記録。チーム全体で3ポイントを33投中14本成功、成功率42.4パーセントという高数字が光った。

 一方のウォリアーズでは、ステフィン・カリーが23得点、ケビン・デュラントが12得点5リバウンド5アシスト、デイミアン・ジョーンズを含む4選手が11得点を残すも、これでプレシーズン1勝2敗となっている。


関連記事

バスケットボールキングの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索