3月に引退&団体解散を発表しているASUKA PROJECT代表・篠瀬三十七が脳腫瘍を患っていることを告白!

3月に引退&団体解散を発表しているASUKA PROJECT代表・篠瀬三十七が脳腫瘍を患っていることを告白!

 3月18日、東京・後楽園ホールで開催される「ASUKA PROJECT旗揚げ5周年記念興行」で自身の引退、団体解散を発表していた同団体代表の篠瀬三十七(43)が脳腫瘍を患っていることを初告白した。
 昨年11月14日、東京・新宿FACEでの「篠瀬三十七興行」で、篠瀬は3月での引退と団体解散をアナウンスしたが、その大きな理由が病気のためであることを明らかにした。

 篠瀬は12年7月15日、TAJIRIが率いたWNCの後楽園大会でデビューしているが、約8年前に脳腫瘍が発覚していた。ただ幸い良性で、1年に1回受けている定期検査でも問題がなかったため、プロレス活動を続けていた。
 ところが、昨年9月24日、東京・北千住シアター1010大会の後に体調の異変を訴えていた。めまいがひどく、物忘れなど一時的な記憶障害に陥ったのだ。病院で検査を受けた結果、腫瘍が大きくなっていることが判明。担当医からは、その原因として、プロレスの試合による頭部へのダメージを指摘された。同大会では、仲川翔大と組み、スターバック、UTAMARO組と対戦し、スターバックの強烈なパイルドライバーを食って敗退したが、それが要因となった可能性が高い。
 その後、症状は落ち着いてきたが、今の状態でプロレスラーを続けていくことは、生命の危険もあると判断し、苦渋の決断として引退を選択した。

篠瀬は「良性ですから、手術をして腫瘍を除去する選択肢もあります。ただ、手術からリハビリを経て、復帰するまで1年くらいかかると思います。その間、ほかの仕事もできません。私には妻子がありますし、家族の生活もあります。1年間、若手の仲川、瀧澤(晃頼)、佐山(駿介)たちに団体を任せても、なかなか回らないと思います。彼らは今すごく伸びてるところで、このタイミングで、団体運営を任せて縛ってしまうと、彼らの足かせになってしまう。だったら、若手はASUKAから卒業させて、チャンスととらえて、はばたいていってほしい。だから団体は解散しようと決断しました」と吐露した。
 ASUKAで主催される興行は、あと3大会。後楽園進出は、15年12月28日以来、3年4カ月ぶりとなる。篠瀬は限られた時間で、完全燃焼を目指す。


関連ニュースをもっと見る

関連記事

バトル・ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る

記事検索