ラッキィ池田が後楽園ホールでプロレス参戦!「今年は元号も変わるしプロレス体操元年になる!」

ラッキィ池田が後楽園ホールでプロレス参戦!「今年は元号も変わるしプロレス体操元年になる!」

 21日、後楽園ホールにてDDTプロレス『Into the Fight 2019』が開催。第3試合に振付仮面としてラッキィ池田が登場した。

 ラッキィ池田は振付師としてゴールデンボンバーやジャニーズWESTの振り付けも行い、12月2日に開催された『スターダム★アイドルズ』にてプロレスデビュー。この日も平田一喜のGOダンスに対抗する形で、試合中にプロレス体操を行うことに。

 試合前に平田は振付仮面のマスクを奪い、ラッキィ池田がプロレス体操を踊れない状態へ。だがそんな事に構わず朱崇花と赤井沙希が激しい打撃戦を行い、やっと平田が出てきて手刀や気功砲で蹴散らすと、ラッキィ池田と手刀の打ち合い。これをモンゴリアンチョップで制した池田だったが、平田と見つめ合うと恋が芽生えキスをしようとする。だが大石が平田を丸め込み3カウントを奪うと、池田がマスクを取り返し振付仮面へと変身。試合が終わればノーサイドということで、全選手でプロレス体操を踊り「プース!(プロレス大好きの略)」と叫んだ。

 試合を終えた池田こと振付仮面は「プロレス体操皆で踊ることできました。これで客席の安全を守ることができた。今年は元号も変わるしプロレス体操元年になる!リング上は何が起こるかわからない、DDTのリングは別物。平常心でいられない」と興奮しながらコメント。
 これを聞いていた二十歳の朱崇花は「誰かわかんないし何言ってるのかもわかんない」とドン引きするが、振付仮面は「ジェネレーションギャップを乗り越えよう!」と近づいていき、一緒に「プース!」とポーズをとった。


関連記事

バトル・ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索