大仁田厚が両人工ヒザ関節置換術を終えリハビリ奮闘中!“金属入り証明書”持参で4月にNYへ

大仁田厚が両人工ヒザ関節置換術を終えリハビリ奮闘中!“金属入り証明書”持参で4月にNYへ

 変形性ヒザ関節症のため、2月22日に両人工ヒザ関節置換術を受けた、“邪道”大仁田厚(61)が“金属入り証明書”持参で米国遠征に旅立つことになった。

 大仁田は8日に無事退院し、リハビリに奮闘する日々を送っている。経過自体は順調で、杖を使用しなくても、自力でかなり歩行できるようになってきた。
 しかし、手術の影響で両ヒザが腫れて激痛に見舞われる日も多く、完治までには4カ月程度の時間を要する見込みだ。
 当初、大仁田は4月5日、6日(いずれも現地時間)に米ニューヨーク・ヒルトン・ミッドタウンで開催されるGCW(ゲーム・チェンジャー・レスリング)主催の「WRESTLE COM」大会に参戦する予定だったが、試合出場は取りやめ。代わりに、サイン会と撮影会を行うことになった。
 両ヒザに人工関節を入れたため、海を渡るにあたって、問題になるのが空港の保安検査を無事に通過できるかどうかだ。そこで、大仁田は「人工ヒザ関節置換手術を受けられたことを証明いたします。人工関節は金属なので、金属探知機に反応する場合があります」との内容の証明書を病院から発行してもらい、それを持参してニューヨークへ向かう。

 大仁田は「ボクの試合を楽しみに待ってくれていたニューヨークのファンには申し訳ないけど、現地のプロモーターと話し合った結果、『無理はしないでほしい』とのことで、サイン会と撮影会に変更となりました。証明書をもらったので、金属探知機が鳴っても、飛行機に乗ることができるでしょう。ニューヨークのファンに会えるのを楽しみにしています。復帰ができたら、次こそは試合で行けたらいい。復帰時期のメドはまだ立たないけど、できるだけ早くカムバックできるようリハビリをがんばります」とコメントしている。


関連記事

バトル・ニュースの他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索