飯伏幸太がL.I.JのSANADAを正規軍に勧誘!「SANADAさんは“こっち側”でしょう」

飯伏幸太がL.I.JのSANADAを正規軍に勧誘!「SANADAさんは“こっち側”でしょう」

 19日、東京都・後楽園ホールにて新日本プロレス『HEIWA Presents G1 CLIMAX 29』が行われ、飯伏幸太がL.I.JのSANADAを正規軍に勧誘した。

 この日は、翌日の後楽園ホール大会で行われるG1 CLIMAX Aブロック公式戦のKENTAvsEVIL、飯伏幸太vsSANADAのダブル前哨戦として、クラーク・コナーズ&KENTA&飯伏幸太vsBUSHI&EVIL&SANADAの6人タッグマッチが実施。

 飯伏とSANADAで試合が始まると飯伏がスピーディーな空中戦を仕掛け、SANADAも応戦してライオンサルトなどで対応し、SANADAがパラダイスロックを狙えば飯伏はそれを回避して掟破りのパラダイスロックを狙っていくといった互いを強く意識した攻防を展開。
 一方のKENTAとEVILも正面からエルボーをゴツゴツと打ち合っていき、KENTAがボディブロー、張り手、ハイキック、ブサイクへの膝蹴りと多彩な打撃で攻めて立てていくもEVILはミドルキックをキャッチしてのエクスプロイダーでやり返してみせる。
 その後、BUSHIとコナーズのマッチアップとなると、BUSHIが圧倒的な実力差を見せエムエックスを発射して試合を決めた。

 試合後、場外でKENTAとEVILが火花を散らす中、飯伏とSANADAはリング上で対峙。向かい合って見つめ合い、二言三言言葉を交わすと、2人それぞれコーナーに上って観客へアピールした。

 バックステージに戻った飯伏は「いいんですか?いいんですか?これは僕の個人的なフィーリングですけど、ずっと思ってたんですけど、SANADAさんは、あのチームにいていいんですか?ちょっと違うんじゃないですか?“こっち側”でしょう」とニヤリ。L.I.Jの中核を担うSANADAを正規軍に勧誘した。

 前日にG1 CLIMAX Aブロック公式戦でEVILとの対戦を終えたSANADAは「EVILはさあ、組んでて楽しいけどさあ、やっぱりさあ、闘う方がおもしれーな」とコメントしており、SANADAがEVILの対角線に立つためにL.I.Jを脱退する可能性も否めない。
 明日以降にSANADAがどのようなアンサーを出すのか、そして今後の動向にも目が離せない。


関連記事

バトル・ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索