コフィ・キングストンvsブロック・レスナーのWWE王座戦がスマックダウンで開催決定!

コフィ・キングストンvsブロック・レスナーのWWE王座戦がスマックダウンで開催決定!

 現地時間9月17日、ジョージア州アトランタのステート・ファーム・アリーナでスマックダウンが開催され、王者コフィ・キングストンと“野獣”ブロック・レスナーがWWE王座をかけて日本時間10月5日のスマックダウンで激突することが決定した。
 オープニングでニュー・デイのメンバーと登場したキングストンはランディ・オートン&ザ・リバイバルと6人タッグ戦で激突。お互いの意地がぶつかり合う激しい攻防を展開し、キングストンが因縁のオートンにSOSを決めれば、オートンはDDTからリバイバルと連携したスーパーRKOを狙った。しかし、ビックEがオートンの足を引っ張って何とか回避すると、キングストンがトラブル・イン・パラダイスをドーソンに決めて3カウント。見事に6人タッグ戦に勝利したキングストンだったが、試合後に突如“野獣”ブロック・レスナーと代理人のポール・ヘイマンが登場。ヘイマンは「レスナーはFOXでの放送が始まる10月4日のスマックダウンでWWE王座に挑戦する」と王座挑戦を代弁すると、キングストンは「俺は闘う王者になるとファンに約束した。だからその挑戦を受ける」と王座戦を快諾。するとこの決定を喜んだレスナーは握手を求めたふりをして近づくとキングストンに豪快なF5を叩き込むと、倒れ込んだキングストンにWWE王座ベルトを投げつけてリングを後にした。


関連記事

バトル・ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索