KUSHIDAとUK王者ウォルターの因縁勃発!「俺の時間だ」

KUSHIDAとUK王者ウォルターの因縁勃発!「俺の時間だ」

 KUSHIDAの対戦相手としてデンゼル・デジャーネットがリングに上がると、突如、WWE UK王者ウォルター率いるインペリアムがデジャーネットを襲撃してリングを占拠した。
 ウォルターが「俺たちのスポーツの名誉と伝統を取り戻すためにここに来た」と話していると、試合を潰されたKUSHIDAが姿を現して「これは俺の時間だ」と言い放つとファビアン・アイクナー、マーセル・バーセル、アレクサンダー・ウルフの3人を蹴散らしたが、ウォルターには捕まって投げ飛ばされてしまう。さらに追い打ちを狙うウォルターがKUSHIDAの胸ぐらを掴むも、KUSHIDAは自身の服を脱いでかわして飛び蹴りを放つとウォルターとの対戦を望むようなジェスチャーをしながら会場を後にした。


関連記事

バトル・ニュースの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

スポーツ アクセスランキング

ランキングの続きを見る

スポーツ 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索