21日、東京都・後楽園ホールにて全日本プロレス『2021 SUPER DELUXE SERIES』が開催され、SUGIが児玉裕輔を制して世界ジュニアヘビー級王座の2度目の防衛に成功した。

 SUGIは今年7月の後楽園ホール大会でフランシスコ・アキラが保持していた世界ジュニアを奪取して初戴冠。今月7日には同じファイヤーバードスプラッシュを必殺技に持つ全日本プロレス期待の若手である青柳亮生を下して初防衛に成功した。
 その試合後、全日本のヒールユニット“TOTAL ECLIPSE”のメンバーである児玉裕輔が現れ、「SUGIさん、最高の試合でした!ファンになったので、僕と握手してくれませんか?」と執拗に握手を要求。SUGIが警戒しながらもその手を握り返すと、児玉がその手を引き寄せてラリアット。倒れ伏すSUGIに「さっき言ったこと、全部ウソ!次、お前に挑戦するのは、この俺だ」と痛烈な挑戦状を叩きつけた。SUGIは静かに怒りを燃やし、「タダでは済まさない」と吐き捨てて荒々しく会場を後にしており、2人の試合は激戦を予感させていた。

 試合開始直後のリストロックを中心とした関節の取り合いやアームドラッグの攻防ではSUGIが圧倒的な技術を見せつけて圧倒。しかし、児玉も空中戦で渡り合いつつSUGIの飛びつき式フランケンシュタイナーをキャッチしてそのまま逆エビ固めに持ち込むといったパワーの差を見せつけ、互いの持ち味を生かした試合を展開する。
 終盤、勝機を得たSUGIが千本桜を発射するも、児玉はそばにいた李日韓レフェリーに抱きつくことで攻撃を思いとどまらせ、強烈な急所蹴りからBKバスターで突き刺し、必殺のマッドスプラッシュを投下。これを剣山で迎撃したSUGIは雪崩式リバースフランケンシュタイナー、カナディアンデストロイヤー、千本桜と猛攻。不気味にゆらりと起き上がって追いすがって来た児玉の顔面へミドルキックを叩き込んでからのスワンダイブ式ファイヤーバードスプラッシュと非情なまでの連撃で激闘を制した。

 試合後、ベルトを掲げるSUGIの元へ、自らその正体を丸山敦であると明かしている謎のマスクマン・イザナギが現れ「例によって、バックステージで待ち伏せたり、色んな小細工考えましたが、今の試合見て、まっすぐ挑戦表明しようと決めました。『その世界ジュニア、全日本プロレスに取り戻すのは俺だ!』……みたいなことは言いません。ただ、レスラー、イザナギとしてあなたとタイトルマッチがしたい」と真摯な姿勢で挑戦を表明。
 9月に入って2週間ぶり2度目のタイトルマッチを終えたばかりのSUGIは「……次から次へと。ちょっと、期間を空けてもらいたい。ですが、謹んでお受けいたします」とげんなりした様子を見せながらもイザナギの挑戦を受けて立つ姿勢を見せた。