DDTプロレスが2月3日、東京・渋谷区のAbemaTowersで同18日の名古屋国際会議場イベントホール大会に向け、調印式と記者会見を開いたが、DDT UNIVERSAL王座に挑戦するダムネーションT.AのKANONが王者・土井成樹を襲撃し、同王座戦は波乱含みの様相を呈してきた。

 1月29日、東京・後楽園ホール大会のバックステージで試合終了後の土井を襲ったKANONは「この前はすみませんでした。UNIVERSAL選手権が楽しみで感情が高ぶっちゃって。土井さんに失礼しちゃったかなって。そこは申し訳なかったと思いまして、この場を借りて謝罪させていただきたいと思います」と疑惑の謝罪。

 続けて、「初めてシングルのベルトに挑戦するんですけど、(1・13新宿で)佐々木大輔が3WAYマッチで(土井と一緒に)上野勇希に挑戦して、負けて獲れなかったベルト。今DDTで誰が一番勢いがあるかって考えたら俺でしょ。このベルトを獲って、ハリウッドにベルト持っていかなきゃいけないと思ってるんです。UNIVERSALという名前ついてるんで、俺がこのベルトを持って海外に行ってやります」と王座奪取宣言。

 土井は「今まで1回も試合したことなくて。試合したことはないけど、セコンドでは散々やられてきたから。たまりにたまったもんをすべて出して。お仕置きという感じかな。2月18日のカード発表されてたけど、佐々木大輔の名前も、MJポーの名前もない。ということはオマエ一人や。セコンドもなしやろ? オマエが言うた通り、シングルの実力が試されるとこやな。仮に誰か連れてこようもんやったら、平田(一喜)君が黙ってへんから。1対1で見せつけます」と暴挙をはたらいてきたKANONへの制裁を誓った。

 互いの印象について、KANONは「体格では自分に分があると思ってるんですけど。佐々木大輔と試合して、あのカリスマと30分戦って、あのときは決着つかなかったんですけど、あんだけ追い込める人ってなかなかいないんじゃないかなって。素早いですし、フィジカルもありますし、面倒くさいなって思います」と語った。

 土井は「なんでこんな生意気なの? やる気あるのかないのか分からん。ヘラヘラしてるかと思ったら、マジメなコメントも出してるような感じもしてるし、どっちやねんみたいな」と首をかしげると、KANONは「ヤル気はメチャメチャあります。根はマジメです」と返した。

 ベルトを奪取した場合のプランに関して、KANONは「3月にハリウッドがあって、行くメンバーに選ばれてる。それで海外って言葉出しましたけど、海外かかわらず、いろんな選手と防衛戦やって。今KO-D無差別級がDDTのトップのベルトじゃないですか。UNIVERSALって、ほかの団体から見ると、どうしても二番手のベルトに見えちゃうと思うんです。それを同等の価値、それ以上の価値に引き上げていきたいと思ってます」と大マジメに話し、これには土井も同調した。

 フォトセッションに移ると、KANONが「土井選手、1対1、男の勝負です。名古屋で正々堂々お願いします」と握手を求めた。土井は「握手いるか? 昔こういうの、散々やってきたほうやから」とちゅうちょ。悩んだ挙句、土井は「名古屋はオマエ一人で来なあかんからな。間違いなく1対1の試合や。じゃあタイトルマッチでよろしく頼むわ」と応じた。

 だが、そこは“カリスマ”佐々木が育てたKANONだ。これですんなり終わるはずなどなく、土井に急所蹴りを見舞い、ベルトで殴打。KANONは「バーカ! オマエそんなに気を抜いてるのか? タイトルマッチ近いよ。2月18日、こんなんじゃ1回も防衛できなくて負けちゃうからな!」と捨てゼリフを吐いて去っていった。

 なお、1・13新宿でのUNIVERSAL王座戦で敗れた後、失踪を続けている佐々木は、いまだにKANONとも連絡がつかない状況だという。