がん治療中のハーブ剤、「害のほうが大きい」ことも 国際会議で指摘

がん治療中のハーブ剤、「害のほうが大きい」ことも 国際会議で指摘

がんの治療中にハーブを摂取している人は、医師に相談したほうがよさそうだ。薬草の成分によっては、治療の効果を減退させてしまうことが、がんに関する国際会議で報告された。

例えば、ニンニクやショウガ、イチョウの錠剤は、乳がんが広がっているときに、皮膚表面の傷が治るのを遅らせてしまうという。

ポルトガル・リスボンにあるシャンパリモードがんセンターの外科医、マリア・ジョアオ・カルドーゾ教授によると、ハーブの錠剤やクリームに治療効果があるという証拠はない。


また、疑わしいと感じたら摂取しないのが一番だと、カルドーゾ教授はBBCに話した。

「医師はがん治療をしている患者が何を摂取しているのか、もっと積極的に尋ねる必要がある」

さらに、皮膚に広がったがんの治療では、患者は補完的な治療を始める前に、必ず医師に確認することが大事だと説明する。

ハーブ療法の負の影響は、乳がんの場合で5件に1件、他のがんではそれよりも低い確率でみられるという。

血の凝固に影響か

ハーブを使った多くの製品は、ホルモン療法や化学療法を妨げる恐れがある。特定の製品は血液の凝固作用を遅らせるため、傷が癒えるのに長い時間がかかり、傷がよりはっきりと残りやすくなるという。

凝固作用を遅らせる製品の例として、カルドーゾ教授は以下の薬草を使ったものを挙げる。

・センシンレン
・ナツシロギク
・ニンニク
・イチョウ
・サンザシ
・セイヨウトチノキ
・ウコン

負の作用が上回る恐れ

患者やその世話をする人が、効果があるかもしれない補完療法や代替療法を追い求めるのは無理もないことだとカルドーゾ教授は言う。

しかし、「それがプラスよりマイナスに働きかねない」ことが、広く認識されるべきだと強調する。

「体に悪いことはするなという、医学の最大の目標を思い出すことが大事だ」

<関連記事>

・がん進行・転移に食品が影響か=英研究
・がんの「血液検査」、実現に期待高まる
・「ペン」でがん発見の精度向上へ 10秒で特定可能と

ヨガ、はりは「QOL高める作用も」

イギリスのがん研究団体キャンサー・リサーチUKは、補完療法は標準治療の本来の効果を失わせる恐れがあると、ウェブサイトで説明している。

また、がん治療中は、グレープフルーツやオレンジなど一部の食べ物や飲み物を摂取しないことが大事だとしている。がん治療薬が体内で効率的に分解されるのを、妨げる恐れがあるためだという。


さらに、「補完療法を考えている場合は、それがどんなものであろうと、医師に相談してほしい。特にがんの治療中の人は、補完療法を始める前に話をすべきだ」と呼びかけている。

乳がん治療の慈善団体ブレスト・キャンサー・ナウの臨床看護スペシャリスト、グレタ・ブローテン=スミス氏は、「オンラインには証明されていない情報があふれ、そういう製品について信頼できる研究がほとんどない。そうした状況では、患者は医療の専門家と話し合うことで、十分な説明に基づいた選択をするために必要な、正確な情報を得ることができる」と話す。

カルドーゾ教授は、進行乳がんの国際会議(Advanced Breast Cancer Fifth International Consensus Conference)で、ヨガやマインドフルネス、レイキ、はりなどを使った治療法には、患者の生活の質(QOL)を高める作用があり得ると述べた。


関連記事

BBC Newsの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る