NTT東日本と東大、ローカル5Gオープンラボを設立、ビジネス創出を目指す

NTT東日本と東大、ローカル5Gオープンラボを設立、ビジネス創出を目指す

 東京大学と東日本電信電話(NTT東日本)は、日本で初めてローカル5Gを活用できる検証環境「ローカル5Gオープンラボ」を2020年2月に設立する。オープンに参加企業を募り、さまざまな産業プレーヤーとのローカル5Gを活用したユースケースの共創に取り組んでいく。

 5Gを活用した新たなビジネスやサービスを創出するための共創活動が活発になっている。その中で企業や自治体などが周波数を取得できるローカル5Gでは、地域や産業の個別ニーズに応じて、高度な無線環境を局所的に構築することができるため、地域の課題解決やイノベーションの創出に期待されている。
 ローカル5Gオープンラボは、東大本郷キャンパスの大学院情報学環 中尾研究室とNTT中央研修センタに設立予定で、ローカル5G・プライベートLTE(sXGP)の通信環境としてコア、基地局、端末を提供する。またローカル5Gの通信環境に加えて、NTT東日本が18年6月から提供しているAIやIoT技術の共同実証環境「スマートイノベーションラボ」との連携ができる。
 東大とNTT東日本は、環境を整えることで、多様な産業プレーヤーとローカル5Gを活用したユースケースを共創し、社会実装に向けた先端技術を育成していく。


関連記事

週刊BCN+の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る