日本HPE、AWS、Azureで実行できる従量課金制クラウドストレージサービス

日本HPE、AWS、Azureで実行できる従量課金制クラウドストレージサービス

 日本ヒューレット・パッカード エンタープライズ(日本HPE、ジャスティン・ホタード社長)は10月23日、Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureで実行できる従量課金制のクラウドストレージサービス「HPE Cloud Volumes」の提供を11月1日に開始すると発表した。料金は6万円からで、ストレージ容量や性能に応じて課金される。

 日本HPEは、これまでもクラウドネイティブ用に再設計することなく、従来型のエンタープライズアプリケーションやビジネスアプリケーションを実行できるクラウド対応のストレージソリューションを提供している。
 HPE Cloud Volumesサービスは、独自のフラッシュストレージ技術を使用してホストや管理を行う従量課金モデル。エンタープライズハイブリッドクラウド向けに設計し、データベースなど既存のエンタープライズアプリケーションから任意のワークロードを実行したり移動したりと、オンプレミスやパブリッククラウドの間でデータを簡単にバックアップできる。AWSやAzureのクラウドストレージと同様に簡単な操作で使用できる点も特徴だ。
 HPE Cloud Volumesにログイン後、必要なストレージ容量(GB)、性能(IOPS)、オプション機能を指定し、接続するAWSまたはAzureインスタンスを選択するだけで、クラウドストレージを簡単に構築できる。
 フェイルオーバーとフェイルバックの機能を使用することで、手動に頼らず、オンプレミスからクラウドに、またはクラウドからオンプレミスに、データを簡単に移行できる。このほか、DockerやKubernetesといった主要コンテナプラットフォームに対応し、ハイブリッドクラウドアプリケーションの移行と有効化が簡単に行える。


関連記事

週刊BCN+の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る