植物に囲まれた空間は仕事に影響を与えるか? 各社が検証を開始

植物に囲まれた空間は仕事に影響を与えるか? 各社が検証を開始

 働き方改革というと、ICTを活用いて、効率を上げ、生産性を高める取り組みが多い。最近はそれに加えて、職場環境を整え、ストレスを軽減して働くことで効率を高めようという取り組みも増えている。その一つが、職場に植物などを配置する「オフィス緑化計画」だ。職場の緑化はビジネスに、人にどのような影響を与えるのか。パソナ・パナソニックビジネスサービス(PBS)とトヨタ自動車、大和リースとNECの2組の取り組みを紹介する。
 

 PBSは、オフィス空間における健康経営ソリューション「COMORE BIZ(コモレビズ)」のさらなるサービス向上を目指し、トヨタとの共同研究第2弾、「植物と共生しながら働く空間が人に与える効果」を11月から開始した。
 PBSとトヨタは、人が心身ともに健康に過ごせる空間作りを目指し、植物と共生する空間が人にもたらす効果について研究を進めてきた。第1弾が「植物がもたらす効果を実験的に検証する空間」で、自然の森林の中にいるように感じる空間を作ることで、植物が人にどのような効果をもたらすか、さまざまな視点で検証を行った。
 第2弾となる今回は、第1弾で得られた知見をもとに、より実用的な環境下で人に与える効果について研究する。実験では、木漏れ日を感じる明るい緑色の植物を配置した「疲労軽減が期待できるエリア」、細長い葉や水滴の波紋により静謐さが感じられる「集中力アップが期待されるエリア」、溢れる生命力を感じられる植物で囲んだ「活力アップが期待されるエリア」の三つを設ける。そこで働く人がどのような影響を受けるか、ストレスや疲労の感じ方の変化を脳血流、心拍データなどのバイタルデータで評価していく。
 一方、大和ハウスグループの大和リースとNECは、両社の製品やシステムを組み合わせて新システムの有効性を検証する目的で、10月24日から約1カ月間実験を行っている。
 
 この実験で鍵となるのが、NECの感情分析ソリューションだ。NECと名古屋市立大学が共同開発を進めている感情認識技術と、クラウドサービスやTDKのウェアラブルデバイスなどを組み合わせたシステムで、ウェアラブルデバイスを装着した人の心拍数データなどをリアルタイムに収集・分析することで、「興奮・喜び」「ストレス・イライラ」「憂鬱・疲労」「穏やか・リラックス」の感情を可視化する。
 それに対して大和リースは、室内緑化に自然音やアロマ、木製家具などを複合的に組み合わせ、働く人に新しいリラックス&コミュニケーションの場を創造する空間サービス「VERDENIA(ヴェルデニア)」を提供する。VERDENIAを活用して、職場を居心地のいい空間に仕上げ、それが従業員にどのような影響を与えるのか、NECの感情分析ソリューションで効果を検証していく。
 PBSとトヨタ、大和リースとNECの2組の研究と実験によって、オフィスの緑化が従業員にどのような効果を与えるか、明らかにされていくだろう。


関連記事

週刊BCN+の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る