メルペイ半額キャンペーンで気をつけたいたった一つのこと

メルペイ半額キャンペーンで気をつけたいたった一つのこと

 スマートフォン決済サービス「メルペイ」が、6月14〜30日の期間限定で、支払額の50%相当(セブン-イレブンとファミリーマートは70%相当)を還元する「日本全国まるっと半額ポイント還元キャンペーン」を開始した。5月に実施した「ニッポンのゴールデンウィークまるっと半額ポイント還元!キャンペーン」の第2弾となる本キャンペーンだが、実は適用される条件が前回と異なっている。

 その条件とは、決済で「メルペイあと払い」を利用しなければいけないということだ。メルペイあと払いは、1カ月当たり5万円を上限にメルカリでの商品購入代金と全国のメルペイ加盟店での購入代金を、翌月中(1〜末日)に支払うことができるというもの。
 その月に支払える現金が少ないときには便利だが、当該月の利用回数に関わらず、支払時手数料が一律300円発生する。余分にかかるコストは少ないが、無理して使う必要はないサービスといえるだろう。ただ、6月中までは手数料は無料。日本全国まるっと半額ポイント還元キャンペーンの期間中であれば、支払い金額以外の料金は発生しない
 18歳以上で、銀行口座の登録または「アプリでかんたん本人確認」を完了していれば、設定は利用上限額を設定するだけでOK。上限はユーザーの利用状況などによって変動があるようだ。支払方法は、メルペイのトップページの上部にある「支払い方法を変更」からいつでも通常の「メルペイ残高」に切り替えることができる。
 設定を完了し、70%相当と還元率の高いセブン-イレブンで450円のタバコを2箱購入した。アプリから残高を確認すると、1万5000円から900円が引かれ、メルペイ後払い残枠は「1万4100円」と表示された。翌日、ポイント履歴を確認すると、無事に支払い金額の70%相当である630円が付与されていた。今回のポイント還元上限は合計で2000円相当。前回が2500円だったのでやや減額されているが、お得なことには変わらない。50%相当であれば、4000円分は還元対象になる。
 しかし、気をつけなければいけないのは、7月以降の「メルペイあと払い」は手数料300円が発生するということだ。あと払いが自分のスタイルに合っているというならそのまま使うもよしだが、もし余計な出費を抑えたいのなら、早めに還元上限額まで買い物して、6月中に通常の「メルペイ残高」に切り替えておくことをおすすめしたい。(BCN・大蔵 大輔)


関連記事

おすすめ情報

BCN+Rの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索