昨年比1.5倍の大幅伸長、4Kテレビの増税前駆け込みが加速

昨年比1.5倍の大幅伸長、4Kテレビの増税前駆け込みが加速

 全国の家電量販店やECショップでPOSデータを集計する「BCNランキング」によると、2019年8月の4K対応液晶テレビ(4Kテレビ。なお、有機ELテレビは含まない)の販売台数は前年同月比158.8%を記録した。10月1日の増税前に駆け込みが加速している。

 上位5社の前年同月比は、シャープが141.4%、ソニーが159.3%、パナソニックが159.3%。いずれも昨年を大きく上回り、特にパナソニックは大幅に伸ばした。8月週次の販売台数シェア推移では、シャープが1位をキープしているものの、ソニーとパナソニックが猛追している。
 シリーズ別では、長らくシャープの「AQUOS 4T-C40AJ1」が1位だったが、8月週次合計ではパナソニックの「TH-49GX850」が首位を獲得。以下、2位にソニーの「KJ-43X8500G」、シャープの「4T-C50AN1」がランクインした。(BCN・大蔵 大輔)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。


関連記事

おすすめ情報

BCN+Rの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索