最も利用が多いのは「動画配信」。では、定額制サービスを利用しない理由は?

最も利用が多いのは「動画配信」。では、定額制サービスを利用しない理由は?

 ジャストシステムは、マーケティングリサーチに関する情報サイト「Marketing Research Camp(マーケティング・リサーチ・キャンプ)」でネットリサーチサービス「Fastask」を利用して「定額制サービスに関する実態調査」を実施した。期間は、9月24〜27日。20〜68歳の男女1000人を対象とした。

 定額制サービスの利用者に、現在、利用中の定額制サービスを聞いたところ(複数回答)、「動画配信サービス」を挙げた人が最も多く(34.0%)、次いで「音楽配信サービス」(23.4%)、「ECサイトの有料会員」(18.3%)、「新聞・雑誌購読サービス」(16.8%)、「電子書籍・コミック配信サービス」(15.2%)だったという。
 「定額制サービスは利用していない」との回答者は32.3%とのこと。そのうち、「興味がある」が25.4%、「興味がない」が43.8%という。興味がない人に理由を聞いたところ、「余計な出費を増やしたくない」(55.6%)が最多で、次いで「料金が割に合わなさそう」(44.4%)、「そのうち使わなくなりそう」(37.0%)だったとのことだ。


関連記事

おすすめ情報

BCN+Rの他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

トレンド アクセスランキング

ランキングの続きを見る

トレンド 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る