一心堂本舗は、同社が展開する抗菌マスクケース「わびさびファイル」の2020年冬コレクションに、ディック・ブルーナの代表作「ミッフィー」、ロングセラー絵本「ノンタン」、京都の人気テキスタイルブランド「SOU・SOU」、九谷焼の新しい形を提案する「クタニシール」とのコラボレーションアイテムを追加した。これで、わびさびファイルシリーズは全33柄の展開となる。価格は693円。

 わびさびファイルは、細菌の増殖を抑える抗菌素材を使用したマスク専用ケース。薄型でコンパクトなサイズで持ち歩きがしやすく、外出の際の予備マスクの持ち歩きや、外したマスクを一時的に収納するケースとして利用できる。
 京都の工房で職人が手染めをした手すき和紙の風合いを再現しており、サラサラとした肌触りと、ぬくもりのある質感が特徴。誰もが知るキャラクターや名画、人気ブランドとのコラボ柄から、シンプルなオリジナルデザインまで、さまざまなシーンに合った豊富なラインアップを取り揃えている。
 今回、2020年冬コレクションの新たなアイテムとして、63年にオランダで出版された初期4作品の一つ「ゆきのひのうさこちゃん」の絵本から、耳まですっぽりかぶった帽子、青いコートにえりまきと長靴を履いたミッフィー柄の「ミッフィー ゆきのひ」が仲間入りした。
 「ノンタン おやすみなさい」は、絵本シリーズ「ノンタン」の人気作品「ノンタン おやすみなさい」の表紙・裏表紙をそのまま表現した。
 日本の四季や風情をポップに表現したテキスタイルデザインを製作する京都のブランド「SOU・SOU」とのコラボアイテムは、シンプルな曲線で描かれた人気の花柄「ほほえみ」。落ち着いた配色で優しい雰囲気を作り出している。
 石川県の伝統工芸である九谷焼を身近に楽しめるようにしたいという思いから生まれたテーブルウェアブランド「クタニシール」からは、ブランドを代表する人気の絵柄を集めた散らし文様柄「大黒恵比寿」を用意した。大黒や恵比寿、十二支の動物たちがポップなタッチでカラフルに描かれており、賑やかな雰囲気が伝わってくる。おめでたい縁起の良いモチーフは、大切な人への贈り物にもぴったりとなっている。