新型コロナウイルス感染拡大の影響で逆風が吹いている飲食店業界。ただ全国各地の飲食店では感染対策を徹底した上でさまざまな“食べ放題企画”を開催している。今回はそんな注目の飲食店をまとめた。

 全国8店舗を展開するスイーツパラダイス(スイパラ)は6月16日に「国産さくらんぼ・メロン食べ放題」を開始。さくらんぼは、高級品種として有名な「佐藤錦」を中心に、さまざまな品種を用意。メロンは、カットされたものだけでなく、まるごと1玉でも提供する。
 スイパラでは「国産さくらんぼ・メロン食べ放題」に加えて、「おすすめバイキング(ドリンクバー&ハーゲンダッツ・イルジェラート付)+サラダバー+フライドポテト食べ放題」などのプランを追加することもできる。料金は、大人2580円、小人1800円。制限時間は100分。期間は7月4日まで。
 ディー・アールは運営する店舗でさまざまな“食べ放題”を実施している。「トサカモミジ池袋店」「トサカモミジ錦糸町店」「トサカモミジ柏店」の3店舗で展開しているのは、「緊急事態宣言でも満腹満足!!韓国チーズキンパ&ヤンニョムチキン食べ飲み放題1000円」。8時半までに予約・入店した人限定で、とろーりチーズキンパとヤンニョムチキンが食べ放題、さらにソフトドリンク飲み放題がついて1000円で提供する。期間は6月30日まで。
 同系列の「銀座おもき本店」では「緊急事態宣言でも贅沢に!!神戸牛が付いてくるしゃぶしゃぶ食べ放題3300円」を開催。期間中の18時30分までの予約限定で、松阪ポークしゃぶしゃぶ食べ放題に神戸牛が付いてくるほか、ソフトドリンク飲み放題も含まれる。1日5組限定で、食べ放題が60分、席時間が90分制、および別途お通し+1フード制。予約受付は16時から。期間は6月30日まで。
 人気の寿司食べ放題では、海鮮居酒屋「俺の魚を食ってみろ!!西新宿店」の「もったいないを食べつくせ!豊洲直卸珠玉の寿司食べ放題」(90分コース、3200円)に注目したい。仲卸・生産者を支援するためのもので、豊洲直送の旬の鮮魚などを中心とした日替わりのネタを20種以上用意する。期間は6月20日まで。
 コスパが話題なのが「日本酒原価酒蔵 新宿東口店」の「2950円で本格寿司食べ放題キャンペーン」。1日50人限定で6月20日まで開催している。提供メニューは、本マグロ、真鯛、海老、カンパチ、サーモン、いくら、つぶ貝、ホタテ、いか、その他2種の計11種類。90分間の時間制で、ラストオーダーは15分前。食べ残しがあった場合は1貫あたり200円の追加料金が発生する。
 緊急事態宣言が明けたら久しぶりに外食したいという人は多いだろう。大人数での利用や長時間の滞在はまだ控えたいが、こうした時間制限のある食べ放題で思いっきり食事を満喫するのはおすすめだ。人数制限をしている店舗も多いので、できるだけ予約してから来店するようにしよう。(BCN・大蔵大輔)