ビックカメラは、オリジナルブランド「ORIGINAL BASIC」からフルワイヤレスイヤホン「OB-FWEN11BK」を、同社グループのイヤホン取り扱い各店とビックカメラ・ドットコムなどグループECで6月18日に発売した。価格は4980円。

 新製品は、Qualcomm(クアルコム)製チップ「QCC3020」搭載で音が途切れにくく、高音質コーデックAACやaptXに対応している。
 また、取り出すだけで接続する自動ペアリング機能や、本体のタッチで曲の移動やボリューム操作が可能なタッチコントロール、WEB会議などでもクリアで快適な音声通話を実現する通話用ノイズキャンセリングcVc 8.0、急な小雨でも安心の防水性能IPX4など、充実した基本性能を搭載している。
 音質も日本のユーザーの嗜好に合わせてチューニング。ボリューム感のある弾むような重低音とクリアでキレのある中高音を兼ね備えたサウンドは、ジャンルを選ばず様々な楽曲を高音質で楽しめる。
 また、ケースは手に収まるコンパクトサイズで、ポケットや小さめのバッグにも収納でき、手軽に持ち運ぶことができる。フルワイヤレスイヤホンデビューにも、テレワーク時のWEB会議用や、ワークアウト用イヤホンとしても最適なモデルとなっている。