アイスドリンクが欠かせないのこの季節。朝コンビニでアイスコーヒーを購入して出社、あるいは家での仕事をする方も多いのではないだろうか。そんな人におすすめしたいすぐれものをフランフランで発見。結露を防ぎ、長時間冷たさをキープできる新しいタンブラーを試してみた。

●コンビニのカップがそのまま入る超万能タンブラー


 購入したのは「ルースト サーモタンブラー M コッパー(以下、ルースト サーモタンブラー)」。シンプルなデザインを選んだが、フランフランらしい華やかなものやLサイズもあるので気になる方はぜひ調べていただきたい。こちらは、コンビニコーヒーなどを、カップごと入れられる真空二重構造のステンレスカップ。コンビニによって異なるが一般的なラージサイズのカップまで入れることができる。もちろんそのままドリンクを入れることも可能だ。
 ルースト サーモタンブラーの特徴は結露が少なく、長時間冷たさをキープできること。今回はアイスコーヒーでその実力を検証してみたい。用意したのはコンビニで購入したアイスコーヒーSサイズ2点。一つはタンブラーに入れ、一つはそのままの状態で数分放置してみる。

●1時間経っても冷たさをキープ! 晩酌にもおすすめ


 まずは5分放置した後の様子。たったの5分で氷の量に差が出ているのがわかる。ちなみにこの日の最高気温は35度。クーラーが効いた部屋にいても暑さを感じられた。とはいえまだ氷も残っており、飲んでみるとそんなに差を感じることはない。
 タンブラー自体には結露はまったく見られないが、取り出したカップは同じくらい水が纏っていた。飲み切るまでカップから取り出さずに使用するのをおすすめしたい。
 20分、1時間と時間を置くと、氷の数の差は歴然になってきた。タンブラーなしのものはほとんど氷が溶けてしまったのに対し、タンブラーを使用したコーヒーはしっかりと氷が残っていた。飲んでみると冷たさも全く異なる。タンブラーを使用したコーヒーはぬるくなることなく、購入してすぐのひんやりとした味わいをキープしていた。
 結露については、通常のカップであれば1時間程度で周りに水滴がつき、底が水浸しになってしまうが、タンブラーをつかえば、底の水はもちろん、カップの周りにも水滴がつくことなく、手や机、周辺の書類が濡れる心配もない。
 コンビニコーヒーの愛用者はもちろん、そのままドリンクを注ぐことも可能なのでアイスドリンクを飲むすべての人にメリットがありそうだ。ビールなどのお酒を入れれば、ぬるくなって味が落ちる心配もない。我が家では夏のマストアイテムになりそうだ。(エフェクト・霜越緑)
※記事中の価格は購入時もの