横浜高島屋は、いま話題のイタリア・ローマ伝統のパン菓子“マリトッツォ”を集めた「マリトッツォ フェスタ」を7月21日から27日まで開催し、1週間で8000個以上のマリトッツォを販売した。今回、多くの顧客からの要望に応え、8月3日まで期間を延長する。

 「マリトッツォ フェスタ」では、引き続き、おうち時間をより楽しく過ごしてもらえるよう、約20ブランド・約50種類の個性豊かな「マリトッツォ」を展開する。
 主な商品として、横浜市神奈川区に本社を構えるさつま揚げの専門店「能登屋」が提案する「ねりトッツォ」は、枝豆、コーン、チーズを混ぜ込んだ練り物をえびのさつま揚げでサンドした。見た目にも可愛く夏らしい「ねりトッツォ」は、この時期のビールのおつまみに最適となっている。価格は324円。
 横浜市中区にある人気焼鳥店「梅や」の「鶏トッツォ」は、国産鶏を使ったメンチカツにマッシュポテトをマリトッツォ風にたっぷりと挟み込んだ。ご飯のおかずとしてはもちろん、お酒のおつまみとしてもおすすめ。価格は238円。
 「ちびどらトッツォ」は、創業明治44年の老舗和菓子店「和菓子 村上」が提案する和風マリトッツォ。3種類それぞれの味のクリームをもちっとした小ぶりでかわいいサイズのどら焼きの皮で挟んだ。自家製の北海道産小豆で作る粒あんにふわっと軽い生クリームを合わせた「粒あん」、金沢ゆずをふんだんに使い爽やかに仕上げた「金沢ゆずクリーム」、ビターなクーベルチュールチョコを合わせた濃厚なチョコクリームに甘酸っぱいカシス餡アクセントの「チョコレート」の3種類を用意している。価格は各195円。
 代々木八幡の人気ベーカリー「365日」を手掛ける杉窪章匡シェフによる、「いつもよりちょっといい気分、いい暮らし」がテーマの「ジュウニブンベーカリー」からは、赤レンガに見立てたチョコレートケーキを挟んだ「赤レンガ マリトッツォ」が登場する。価格は648円。
 横浜・元町の人気ベーカリー「ブラフベーカリー」では、きたのかおり小麦を使用した甘味と香りを感じられる生地に濃厚な北海道産生クリームとガナッシュをサンドしたマリトッツォ「アマゾンカカオ×きたのかおり」が登場。アクセントにカカオ二ブとカカオをふりかけた。価格は480円。
 「ボンヴィボン」では、チョコチップの入ったブリオッシュ生地に、マスカルポーネを混ぜた生クリームをサンドし、表面にコーヒーフォンダンとチョコをトッピングした「コーヒーマリトッツォ」を提案する。価格は443円。
 「ル・ミトロン」の「京わらびマリトッツォ」は、ほんのり塩味のある求肥と、コクのある黒蜜を使用したわらび餅風マリトッツォ。ピペットに入ったたっぷりの黒蜜を、自分でかけながら味わうことができる。価格は353円。
 「マリンベーカリー」の「カフェ」は、選りすぐりのフランス産コーヒー豆を培養後、水を加えて抽出し5倍に濃縮した香り高いコーヒーエキスを生クリームと合わせた甘さ控えめな大人のマリトッツオ。価格は419円。
 今年6月にオープンした「BEN-HUR」は、1923(大正12)年創業の老舗精肉店「尾島商店」が運営するパン専門店。今回、ティラミス、ショコラ、プレーンの3種類のマリトッツオを用意した。価格は、ティラミスとショコラが454円、プレーンが346円。
「鎌倉 レ・ザンジュ」は1982年、鎌倉の姉妹都市でもある南仏のニースの別荘をテーマに開業。ヨーロッパ伝統の菓子を日本人に合わせてつくることで長年多くの人に親しまれてきた。今回販売するマリトッツォは、プレーン、フルーツ、栗の3種類。素材にこだわったやさしい味わいを堪能できる。価格は、プレーンが432円、和栗のマリトッツォが627円、5種のフルーツが562円。
 「堂島ロール」が人気の「モンシェール」からは、苺を使った「シャンティ マリトッツォ いちご」が登場。モンシェール自慢の堂島ロールと同じこだわりの生クリームをたっぷりと使い、ほどよい酸味の苺と合わせた。価格は432円。
 イタリア北部の美食都市・ミラノに1883年に創業した老舗食料品店「PECK」がつくるマリトッツォは、しっとりとしたパン生地に口あたりの良いクリームを挟んだ本格派。価格は、マリトッツォが281円、マリトッツォ(塩キャラメル・チョッコラート)が各351円。
 昨年12月にオープンした食のセレクトショップ「hama-pla」では、ココア生地を使った7種類のマリトッツォを用意している。価格は、北海道きなこが301円、フランボワーズ、パッション、ライムが各331円、チョコが381円、プレーンが281円、ナッツが500円。