JR東日本はスクエアと連携し、鉄道コンテナ型ハウス「マチハコトレイン」をJRE MALLで発売した。6カ月間の限定販売となる。

 「マチハコトレイン」は、コンテナ的建築「マチハコ」を展開している乃村工藝社グループであるスクエアと連携して製作した貨物コンテナ型BOXルーム。貨物コンテナに出入口用扉などを付けて、全体的なイメージを大切にし、実物に近いサイズで制作している。倉庫、コレクションルームなどとして利用できる。
 外装は、復刻版国鉄6000形コンテナ黄緑6号色のデザインをアレンジしている。国鉄6000形コンテナは、日本国有鉄道が1960年から1970年にかけて製造した一種規格(約11ft)有蓋コンテナ。現在存在しない幻の6000形を鉄道ファンの希望を叶え色や文字サイン、大きさをほぼ再現している。
 コンテナの種類は、「トレインストレージ」、「トレインギャラリー」、「寝台特急」の3タイプを用意。「トレインストレージ」タイプは、天井・壁・床は合板仕様、建具は片開扉(1か所)のシンプルな内装となっている。そのまま倉庫としても使えるほか、自分好みにカスタマイズすることも可能。なお、オプションで理想の内装に仕上げることもできる。価格は297万円から。
 「トレインギャラリー」タイプは、自分だけのトレインギャラリーをイメージした内装。いままで所有していたコレクション・アイテムをスタイリッシュな空間に展示することもできる。今回は、特別に「あずさ号」で使用されていた二人掛け座椅子と車体で使用していた古物類と「鉄道古物宝箱」をセットにして提供する。価格は770万円から。
 「寝台特急」タイプは、寝台特急の個室をイメージさせる快適な空間。椅子とソファーベット、そして窓が基本仕様として取付けてある。なお、内装扉は、造作としてのみの制作となる。価格は990万円から。