ソニー・インタラクティブエンタテインメントは10月28日に、PlayStation 5が「Apple Music」に対応したことを発表した。

 今回の、PlayStation 5のApple Musicへの対応によって、Apple Musicの9000万曲以上の楽曲や、数万種類のプレイリスト、4K画質のミュージックビデオ、最新ヒットやクラシック、カントリー音楽をライブ配信する「ラジオ」、ユーザーが自身の好みの音楽に合わせてカスタマイズしたプレイリストなどを楽しめる。
 PlayStation 5では、ゲームを開始する前にApple Musicアプリを起動するか、ゲームプレイ中に「DualSenseワイヤレスコントローラー」のPSボタンを押してコントロールセンターにアクセスし、「ミュージック」を選択することで、Apple Musicアプリを起動できる。
 ミュージックビデオは、フルスクリーンでの再生が可能で、ゲームプレイに戻ったり、PlayStation 5のホーム画面で別の操作を始めても、ミュージックビデオの音声は継続して再生される。また、ミュージックビデオに戻った際も楽曲が途切れることはなく、シームレスに再生を続けられる。