ネットや雑誌メディアに引っ張りだこのシャトレーゼは、ケーキやアイスなどの洋菓子だけでなく、和菓子やピザも取り扱っている。シャトレーゼでしか堪能できない、ぜいたくな気分になり、だれもが自然と笑顔になるデザートがたくさん揃っている。ぜひ食べてもらいたいシャトレーゼのデザートの中から厳選した4品を紹介する。
 

●外はサクサク、中はリンゴの甘さが広がるプレミアムアップルパイ


 自分にご褒美したいなど、リッチなひと時を過ごしたい時にピッタリな一品のプレミアムアップルパイは、ボリュームがあり見た目も楽しめる。
 皿に取り出すとバターの香りがふわっと広がり幸せな気持ちになれる。アップルパイとは思えない大きさと重さで期待感は膨らむ一方だ。
 半分に切る際、サクッという軽い音がはっきりと聞こえ、耳でも楽しめる。リンゴの甘酸っぱさが口の中でふわっと広がると同時に、カスタードクリームがリンゴのおいしさをさらに引き立てる。
 最後にバターを含むパイ生地が全体をキュッと引き締め、生地とリンゴ、クリームの三つによる絶妙なバランスがあってこそ、他のアップルパイとは違う高級な味わいを出せるのだろう。

●トースターでおいしさアップ


 トースターで焼くとバターの香りがより強くなる。表面に程よい焦げ目がつき、それがアップルパイの味にアクセントをプラスする。
 パイ生地はさらにサクサクになり、リンゴの甘さも一層際立ち上品な味を堪能できた。バニラアイスを添えすなどアレンジを加えると、新しいアップルパイの楽しみ方に出会えるだろう。

●バターとあんこの相性が抜群の北海道産バターどら焼き


 北海道産バターを惜しみなく使ったバタークリームと、北海道産小豆を使ったあんこをサンドしたどら焼き。和菓子だが和と洋をミックスしたようなパッケージのデザインは、かわいらしくちょっとした手土産に最適である。
 手にとると生地のべたつきが気になるどら焼きもあるが、シャトレーゼのバターどら焼きはべたつくことなくふんわりとしている。指で押すと跳ね返るような弾力があり、クリーミーなバターの香りに包まれる。
 大きさは一般的などら焼きと変わらないが、ボリュームがあるため1個でお腹も心も満たせられるに違いない。
 どら焼きの生地はパサつきのある食感ではなくふわふわで、口に入れるとシュッとなくなってしまうほど。甘さ控えめのあんこと、濃厚だがあっさりとしたバタークリームの組み合わせが癖になる。
 また、バターのわずかな塩気やミルクのコクが、あんこをキュッと引き締めつつ、まろやかさをプラスする。
 どら焼きはお茶と相性がいいイメージだったが、バターどら焼きはコーヒーとの相性がばっちり。濃厚なバタークリームはコーヒーのほろ苦さを引き立てて、口どけもなめらかだ。

●食感を楽しむデザートクッキーシューアイス


 パッケージがオシャレなデザートクッキーシューアイスも手土産におすすめの一品である。“デザート”と記されていることから、普通のシューアイスとは一味違うのかと興味が湧いてくる。
 シューの中はアイスだけでなく板チョコも入っていて食感が楽しめそうだ。1個100円以下で購入できコスパも高く、一度にたくさん買えるのもうれしいポイントである。

●甘酸っぱさが癖になる「あまおう苺」


 袋を開けてすぐにイチゴの甘い香りがして、シューアイスであることを忘れてしまうぐらい濃厚さが伝わる。手のひらサイズでコンパクトだが、ずっしりとした重さがあり食べ応えがありそうだ。
 シュー生地はバニラクッキーをのせて焼いているため、とても香ばしくサクサクしている。ストロベリーアイスは余計なものを含まず、イチゴ本来の甘さだと実感できるぐらい濃厚だった。
 生地とアイスの間にはホワイトチョコが詰められており、パキッとした食感が楽しめる。ホワイトチョコのクリーミーな甘さとイチゴの甘酸っぱさは、後味すっきりな味わいで何個でも食べたくなるほど。

●ほろ苦くて濃厚な「ベルギーショコラ」


 ベルギーショコラ味のシューパフはチョコチップ入りのクッキー生地をのせて焼いているためか、ところどころにチョコチップが見えてリッチなシューアイスに感じられる。
 シュークリームみたいに形が崩れることなく、きれいな形をキープしているのはシューアイスの最大の特徴であり、うれしいポイントである。
 ベルキーショコラアイスは甘いのかと思っていたがそれほど甘さはなく、マイルドなほろ苦さで食べやすい。スイートチョコの甘さが、ショコラアイスのおいしさを引き立ててくれる。
 ショコラづくしなシューアイスは大人のぜいたくなアイスで、ホッとしたいひと時にぴったりだ。

●バターとキャラメルのハーモニー「ローストバターキャラメル」


 ローストバターキャラメルはシューアイスでは見かけない味で、シュー生地とアイスがどのようにマッチするのか楽しみだ。
 バニラクッキー生地をのせて焼き上げたため、見るだけでもわかるぐらいサクサクしてる。アイスには焦がしバターが使用されバターの風味が強く感じられるかと思ったが、香りはほんのりとして上品なシューアイスに仕上がっている。
 バターキャラメルアイスは、濃厚なキャラメルの後に、バターのクリーミーさが追いかけてくるように感じられる。パリッとした食感のスイートチョコは、ほろ苦いキャラメルに甘さを添えてくれる。
 シャトレーゼのシューアイスは一般的なシューアイスと違い、生地に空洞がなくアイスがぎっしり入っているのが特徴だ。
 プチぜいたくなティータームを味わいたいときにデザートクッキーシューアイスは一役買ってくれる。

●ほろ苦さがハマる炭火焼珈琲ゼリー〜名水仕立て〜


 ぱっと見は、普通の珈琲ゼリーとあまり大きく変わらないシャトレーゼの炭火焼珈琲ゼリー。しかしこの炭火焼珈琲ゼリーはこだわりが詰まっている。108円という破格の値段も驚きである。
 珈琲ゼリーに使われている珈琲はコロンビア産で独自のブレンドで仕立て上げている。つややかなゼリーときめ細やかなホイップクリームは、見ているだけでも楽しめるほど胸が高鳴る。
 まずは珈琲ゼリーだけを食べてみる。とてもコク深くて芳醇なうま味を感じられ、甘さはほとんどなくほんのり珈琲の苦味がある。
 苦味もただ苦いのではなく程よくしっとりとした苦さだ。後味では珈琲の特徴である酸味が堪能できる上に、本場の珈琲を飲んでいるような気分になる。
 上のホイップクリームと一緒に食べるとカフェオレに近い甘さになり、ゼリーだけの味とは大きく違い別のデザートを食べているようなお得な感覚だ。ホイップクリームはミルキーな甘さだが、珈琲のほろ苦さをしっかりと引き立てる。

●糖質72%カットのスフレチーズケーキ


 チーズケーキはカロリーが高くダイエット中や健康を気にしていると、なかなか手を出しにくい。しかしシャトレーゼのスフレチーズケーキなら糖質72%カットでカロリーも大幅に抑えている。
 また冷凍商品なためある程度の期間、保管できるのもうれしいしい点だ。
 
 スフレチーズケーキの解凍時の注意点は、10℃以下で6、7時間かけて自然に解凍すること。この手間がおいしさの再現につながる。
 解凍し忘れたときや早く食べたいときは、電子レンジ600wで30〜50秒ほど温めると、程よい溶け具合となる。ただし、この方法はあくまでも個人的なもので、本来のおいしさが半減するので緊急のときだけ使うようにしている。
 実際に時間をかけて自然解凍したスフレチーズケーキは、皿を揺らすとケーキも左右にふるふると揺れるほど。ふんわりしている様子が視覚でも楽しめる。
 解凍前は感じられなかったチーズの香りもして、冷凍とは思えないほどだ。
 スフレチーズケーキは驚くほど濃厚なチーズの味わいで、生地はふわふわしている。口の中で溶ける柔らかさは、噛む必要がないぐらいだ。
 冷凍だがべちょっとしておらず、ケーキ屋さんのスフレチーズケーキと変わらない。糖質カットで低カロリーなら罪悪感なく食べられるため、例えば深夜など時間を気にせず食べたいときに口にできる。

●シャトレーゼで新しいデザートと出会う


 シャトレーゼはコスパのいいデザートが数多く並べられている。味はもちろんのこと、かわいらしく、和を感じられるパッケージデザインもシャトレーゼの大きな魅力の一つだ。
 さまざまな種類のデザートが揃っているため、家族や友人と足を運ぶと会話も弾むに違いない。お気に入りや新しいデザート探しにシャトレーゼに行くと、大いに楽しめるはずだ。(GEAR)