「BCNランキング」2022年1月10日から16日の日次集計データによると、Androidスマートフォンの実売台数ランキングは以下の通りとなった。
 
 2022年1月10日週のAndroidスマートフォン売れ筋ランキングは、FCNT「arrows We F-51B」が2週連続で首位を獲得。シャープ「AQUOS sense4 basic」が2位で追う展開が続いている。上位の顔ぶれは先週と変わらないが、6位以下では動きがあった。ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia 10 III SO-52B」とシャープ「AQUOS sense6 SH-54B」、OPPO「A73」の3機種が圏外からTOP10内に復帰した。
1位 arrows We F-51B(FCNT)
2位 AQUOS sense4 basic A003SH(シャープ)
3位 Pixel 5a (5G)(Softbank)(Google)
4位 Reno5 A(Y!mobile)(OPPO)
5位 Galaxy A22 5G SC-56B(SAMSUNG)
6位 Xperia 10 III SO-52B(ソニーモバイルコミュニケーションズ)
7位 AQUOS sense6 SH-54B(シャープ)
8位 arrows We FCG01(FCNT)
9位 かんたんスマホ2 A001KC(京セラ)
10位 A73(OPPO)
*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計しているPOSデータベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。