中国のPOCO(ポコ)は6月23日に、日本市場向けにゲーミング機能を強化したフラッグシップモデルのスマートフォン「POCO F4 GT」を、Amazon.co.jp、楽天市場、Mi.comにて発売した。カラーは、ステルスブラック、ナイトシルバー、サイバーイエローの3色。価格は、メモリ8GB/ストレージ128GBモデルが7万4800円、メモリ12GB/ストレージ256GBモデルが8万4800円。

 「POCO F4 GT」は、高い処理速度を実現するとともに、6.67インチの有機ELディスプレイを採用し、マグネット式のポップアップトリガーなどゲーム機能を強化したスマートフォン。本体は、IPX3/IP5X準拠の防水・防じん性能を備えており、NFCにも対応する。
 CPUにオクタコアのSnapdragon 8 Gen 1、6.67インチ有機ELディスプレイ(解像度2400×1080)を搭載し、6400万画素のメインカメラ、800万画素の超広角カメラ、200万画素のマクロカメラ、2000万画素のフロントカメラなどを備えている。
 対応無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LANとBluetooth 5.2。OSはAndroid 12ベースのMIUI 13。
 サイズは幅76.7×高さ162.5×奥行き8.5mmで、重さは201g。
 6月26日23時59分までの期間に、公式販売チャネルで「POCO F4 GT」を購入した場合は、5000円〜1万円の早割が適用される。
 早割価格は、メモリ8GB/ストレージ128GBモデルが楽天市場またはMi.comでの購入で6万4800円、メモリ12GB/ストレージ256GBモデルがAmazon.co.jpでの購入で7万9800円。