セブン-イレブン・ジャパンは、淹れたての本格的なコーヒー「セブンカフェ」を抽出するセブンカフェマシンに7月4日から、味わいを選べる新機能を追加した。

 全国のセブン-イレブンで販売する「セブンカフェ」の販売数が年間で最も高くなる時期に合わせて、幅広いニーズに対応できるよう、新機能を追加した。これにより、「セブンカフェ」のアイスコーヒー・ホットコーヒーを購入する際に、「軽め」「ふつう」「濃いめ」の3つの中から好みの味わいを選ぶことができる。
 マシンの抽出方法などをきめ細かく設定することで、「軽め」「ふつう」「濃いめ」の3つの味わいを表現している。「軽め」は、やわらかな香りで、すっきりマイルドなやさしい味わい。「ふつう」は、豊かな香りとコクで、バランスの良い味わい。「濃いめ」は、芳ばしい香りで、飲みごたえのあるコク深い味わいとなっている。
 また、4か国(グアテマラ、タンザニア、コロンビア、ブラジル)のコーヒー豆を使用し、より香りを楽しんでもらえるよう、今回の新機能追加に合わせて豆のブレンド比率を変更した。ホットは、華やかな香りが特長のタンザニア豆の比率をアップ。アイスは、甘く芳醇な香りのグアテマラ豆の比率をアップした。
 焙煎についても、トリプル焙煎(3段階焙煎)からクワトロ焙煎(4段階焙煎)に変更し、「中煎り」「中深煎り」「深煎り」「極深煎り」4種の異なる焙煎豆を使用することで、さらに奥行きのある味わいになっている。
 価格は、セブンカフェ ホットコーヒーRが110.16円、セブンカフェ ホットコーヒーLが180.36円、セブンカフェ アイスコーヒーRが110.16円、セブンカフェ アイスコーヒーLが210.6円。