ローソンは11月28日に、食品ロス削減やプラスチック削減などの環境負荷軽減や、アバターによる制約のない働き方の実現、DX活用で創出する来店客との温かいコミュニケーションといった、20超のサステナブルな施策を集約した「グリーンローソン」(東京都豊島区)をオープンした。

 「グリーンローソン」は、来店客・マチと一緒に創るサステナブルな店舗で、時間・距離・年齢・介護や育児で外出しにくい、身体的なハンディキャップがあるといったさまざまな障がいや制約にとらわれることなく、誰もがいきいきと働ける“全員参加型社会”を目指す取り組みの一環として、主婦、ローソン経験者、VTuber、身体的な理由から接客業を諦めていた人など10〜60代の幅広い年代から公募を行い、約400名の応募の中から約30名が、アバターオペレーターとして勤務する。
 通常の「ローソン」店舗で販売している、「チルド弁当」や「常温弁当」の販売は行わず、今回新たに発売する冷凍弁当と店内厨房で作る弁当のみを販売することによって、弁当の廃棄を大幅に削減し、今後の廃棄ゼロに向けた検証を行う。また、店内厨房の一部メニューについてはオーダーを受けてから作る「できたてモバイルオーダー」を導入し、「できたてモバイルオーダー」では通常「ローソン」店舗では販売していないゴーストレストランの専門店メニューも購入できる。
 会計はセルフレジをメインとして、店舗従業員は買い物に困っている来店客のサポートや、気持ちよく買い物ができる売り場づくりを優先して行う。セルフレジの利用方法に困っている来店客は、アバターや店舗従業員がサポートする。また、レジ近くには「ローソン」初となるサービスカウンターを設置し、収納代行の支払いやチケット購入といった、セルフレジでは対応していないサービスを受け付ける。なお、セルフレジ以外にスマホレジの利用も可能となっている。
 ほかにも、冷蔵ショーケースへ扉を設置することで外気侵入、冷気漏れを改善し、大幅な省エネを図るとともに、看板やレジカゴへの再生プラスチック利用やレジ袋やカトラリーの配布を行わないなど、来店客の協力を得つつ環境負荷軽減を目指す。なお、カトラリーについてはオープン〜2023年1月9日までは来店客への周知期間として、希望者に渡す。