12月25日から先行販売をスタート
鍼灸・マッサージの施術所の運営事業を展開する株式会社ITiは、東京・渋谷区にある鍼灸院のグラン治療院が抹茶とあずきの和洋菓子 松右衛門(まつえもん)と共同開発した『食べるお灸 〜よもぎとあずきのムース〜』を販売することを発表した。

同製品は、グラン治療院、抹茶とあずきの和洋菓子 松右衛門で12月25日から先行販売を開始した。そして、全国の鍼灸院やエステサロンでは、順次販売を開始する予定である。

和風スイーツで冷えを予防
『食べるお灸 〜よもぎとあずきのムース〜』は、体の“冷え”に対処するために開発された。不眠・だるさ・食欲不振・手足の冷え・生理不順など、女性を悩ませる問題の原因の1つが“冷え”である。“冷え”をそのままにしておくと、自律神経の乱れや生活習慣病につながるとされている。

同製品は、上から、よもぎのジュレ、あずきのムース、よもぎのムース、あずきのゼリーの4層構造。甘さや苦み、食感の異なる4つの素材が絶妙なふんわり感となめらかな口溶けを演出する。

お灸に使用するもぐさは、よもぎの葉から作られている。よもぎに含まれるクロロフィルは、抗酸化作用があり、発がんを抑える効果がある。末梢血管の拡張作用、コレステロール値を下げて血栓を予防する働き、貧血の改善・予防にも効果を発揮する。

あずきが豊富に含んでいるサポニンには、血流をよくする働きがある。また、鉄分も含まれているため、貧血予防にも効果的。販売価格は、1個 530円(税込み)、3個セット 1,590円(税込み)。

(画像はプレスリリースより)


【参考】
※プレスリリース 株式会社ITi
https://www.atpress.ne.jp/news/201877

※グラン治療院
http://biyoshinkyu.net/