効果的な飲み方・塗り方・調理での活用法など
不足しがちなマグネシウムを、海水から塩を抽出するときにできる液体「にがり」で摂取し、やせて健康になろうという新刊『やせる!高血圧、糖尿病を撃退!にがり活用大全』が発売された。

同書では、にがりの効果的な飲み方、塗り方、調理での活用法などを紹介。A4判の単行本で56ページ、定価は935円(税込)、出版社はマキノ出版だ。

料理も美味しく 肌につければスキンケアに
にがりといえば、豆腐を作る際に使用されるが、その主成分はマグネシウムである。日本人はミネラルが不足しがちで、マグネシウムの不足は糖尿病や高血圧などの生活習慣病、肥満、肌荒れにもつながる。

近年はスーパーやインターネット通販などでも、にがりが売られており、手軽に買えるようになった。にがりは動脈硬化やダイエット、便秘などにも予防効果や改善効果が期待できるが、やみくもに摂ればいいわけではなく、摂りすぎると高マグネシウム血症になる可能性があるため注意が必要である。

新刊ではにがりの摂取量の目安はもちろん、その飲み方、料理も美味しくなるという活用法、肌につけるスキンケア、歯周病予防になるというオーラルケアなどを紹介。体験談なども掲載されている。

(画像はAmazon.co.jpより)


【参考】
※やせる!高血圧、糖尿病を撃退!にがり活用大全 - マキノ出版 くらしと健康に役立つ実用情報を提供する出版社
https://www.makino-g.jp/book/b609378.html