食パンを買ったとき、袋に付いているプラスチックの"留め具"

保存する際には必須ですが、小さくて薄いため、まだ食パンが余っているのになくしてしまったことがある人も多いのではないでしょうか。

今回は、食パンの留め具をなくした際に使える、道具要らずの保存方法を紹介します。

はさみさえあればできる

今回参考にしたのは、ローソンが2022年7月29日、動画アプリ「TikTok」に投稿した動画「食パンのアレを無くした時の閉じ方2選」です。

投稿を見た人からは、「凄い」「すごっ」「ないすぅ」などの反応が寄せられています。中には「食品クリップを使うよりいいのではないか」という意見も。

今は100円ショップ等で食パンのクリップなどが売られていますが、ローソンが紹介したアイデアは、はさみさえあれば簡単にできるので、知っておくだけで重宝しそうです。

ちなみに、皆さんもお馴染みのこのプラスチックの留め具は、バッグクロージャーといいます。

まず、ひとつ目は、袋を縦に切って左右を結ぶ方法です。

食パンの袋の中央上から、縦方向に適度にはさみを入れます

ある程度のところではさみをとめて、左右に分かれた袋を結ぶだけです。これだけで、簡単に食パンの袋が閉じられます。

2回ほどぎゅっと結んでおけば、すき間もなくきれいに封ができました。30秒あれば完成します。

上下に分けて袋を縛る

2つ目の方法は、横にはさみを入れて、上下に分けて袋を縛る方法です。

上を5cm以上残し、横から4分の3程度切り込みを入れます。

袋の上部分をねじり、細長くします。

袋下部分をまとめて、ねじった袋上部分をぐるぐる巻き付けます。最後に余りを巻き付けた輪の途中に入れ込んでぎゅっと縛れば完成です。

すると、こちらも簡単に袋が閉じられました。

どちらの方法も、袋を逆さまにして振ってみてもびくともしませんでした! また、開ける際も簡単に結び目がほどけましたよ。

ぜひ、バッグクロージャーをなくして困ったときは参考にしてみてくださいね。

(東京バーゲンマニア編集部 みやま胡桃)