2021年4月21日から牛丼チェーン店「すき家」に、牛丼とおかずをスプーンで混ぜて食べる新感覚の牛丼弁当「SUKIMIX」が新登場します。

おかずは全4種類

テイクアウト需要が高まる中、新しい形の牛丼弁当としてすき家が提案する「SUKIMIX」。牛丼と色とりどりのおかずを1つの容器に詰め込んだ進化系牛丼です。

セパレートカップで牛丼と分けたおかずは、そのまま食べても良し、牛丼にトッピングしてスプーンで混ぜて食べても良し。その時の気分に合わせて楽しめます。

おかずは全4種類。「ビビンバ牛丼弁当」は、ナムルとキムチに甘めのコチュジャンを合わせました。すき家によると、追加で「おんたま」(80円)のトッピングがおすすめとのことです。

エビチリ牛丼弁当」は、エビ・なす・ヤングコーンが入ったすき家オリジナルの具沢山でピリ辛なエビチリをトッピングしたもの。

和のとろろ牛丼弁当」は、とろろ・梅干し・たくあん・柴漬けを添えて、さっぱりと食べられます。

オムソーセージ牛丼弁当」は、人気のふわとろオムとソーセージを合わせました。

SUKIMIXは「ミニ」(520円)、「並盛」(580円)、「大盛」(710円)の3サイズがあります。

電子レンジでの加熱が可能なので、家や職場に持ち帰るまでに冷めてしまっても安心。テイクアウトだけでなく、店内でも食べられます

全国1940店舗で販売予定(4月14日時点)です。