2021年のトレンドスイーツとして注目されているローマの伝統的スイーツ「マリトッツォ」。ここ最近、続々と新商品が登場しています。

今回は、お手頃な市販のマリトッツォを4商品紹介します。

マリトッツォが気になっている人は、購入の参考にしてください。

オレンジピールが効いてる!

・カルディオリジナル「マリトッツォ」(冷凍)

今年のマリトッツォブームの火付け役ともいえるカルディコーヒーファームのマリトッツォ。今回紹介する4商品の中では唯一の冷凍商品で、自然解凍で食べられます

クリームはかなりオレンジピールが効いています。クリームたっぷりでも、爽やかな味わいに仕上がっています。ふんわりなめらかで、ほどよい弾力のパンとよく合っています。

価格は税込270円と4商品の中では高めですが、パンもクリームも厚みがあります。

カルディ店舗で購入できます。なお、店舗によって入荷・在庫状況は異なります。

・山崎製パン「マリトッツォ」

クリームもパンもほどよい厚みと大きさ(直径約8cm、厚さ約7cm)で、コロンとした丸いフォルムです。

カルディ商品以上に、オレンジピールの風味を強く感じました。ふんわりとしたブリオッシュ生地にオレンジピールを練りこんでいるうえに、クリームの中にも小さくカットされたオレンジピールの砂糖漬けがたっぷり入っていて、どこをかじっても爽やかで甘酸っぱい味わいが楽しめます。

型崩れしにくいようにプラスチック製のセルクルが付いているのもうれしい気づかいです。

デイリーヤマザキ、ヤマザキショップをはじめ、全国のスーパーマーケット、コンビニエンスストア等のヤマザキ製品取り扱いの小売店で購入できます。

価格はオープン。記者は都内のサミットストアの冷蔵コーナーで見つけ購入しましたが、税別158円でした。

108円とは思えないクオリティ

・ローソンストア100「マリトッツォ(チョコ入りホイップ)」

ほんのりバター風味のブリオッシュパンに、削りチョコ入りの軽やかなホイップクリームをたっぷり詰めています。製造者は先に紹介した山崎製パンです。

税込108円というお手頃価格ですが、食べ応えのあるサイズ感です。直径は約10.5cmで、厚みは約6cm。朝食ならこれ1つでお腹が満たされます。

パンが厚めで、ふんわりしっとりとしています。パン自体にも甘みを感じました。

クリームの中にたっぷりと入っている削りチョコは、かなり薄めでパリッとした感じはありません。ふわふわのクリームとともになめらかに溶けていきます。チョコの風味とコクのあるクリームは甘さ控えめなので、最後まで飽きずに楽しめます。

全国のローソンストア100で購入できます。なお、一部店舗では取り扱いがない場合があります。

・サミットストア「甘酸っぱいレモンクリームが入ったマリトッツォ」

今回紹介する4商品の中では、最も小ぶりかと思いますが、特質すべきはクリームの厚さ(最大約4cm)。ふわふわで口当たりなめらか、甘さは控えめでコクがあります。開発担当バイヤーによると、北海道産の牛乳を使用しているようです。

少し食べ進めると、甘酸っぱい味わいが口の中に広がりました。ブリオッシュ生地の内側に、レモンクリーム(イタリア産)が入っています。とろりなめらかな食感で、ホイップクリームと合わさって、爽やかな甘酸っぱさが味わえます。夏にぴったりの味わいです。

クリームがたっぷり入っているので、見た目以上の食べ応えがあります。

価格は税別198円。関東を中心に店舗を展開するスーパーマーケット「サミットストア」のインストアベーカリー「ダン・ブラウン」全80店舗で購入できます。

以上4ついかがでしたか? 近場で買える「マリトッツォ」楽しんでください。