コロナ禍でマスクが欠かせない今。お家でできるスキンケアに力を入れているという人もいるかと思います

スキンケア製品は数多くの商品が展開されていますが、今回は「美白美容液」にスポットを当て、5商品の「使い心地」や「保湿感」などを使い比べてみました

肌質や状態によって使い心地などは変わってきますが、購入に迷った際の参考にしてみてくださいね。

試したブランドは、「ETVOS」「メルヴィータ」「HONEYROA」「MeTIME」「HANA ORGANIC」の5ブランドの美白美容液です。

どれもオーガニックや植物エキスの力にこだわった美白美容液です。

美白効果については一定の期間使わないと正確な判断ができないため、今回は「テクスチャー」や「使い心地」、「保湿感」、「次の日の朝の状態」をメインに紹介します。それを踏まえて参考にしてください。

検証方法は、記者がいつも行う夜のルーティンに対象の美容液を加えて行いました。

さっぱりタイプの化粧水→対象の美容液→程よく保湿される乳液の順です。

ちなみに記者の肌は、「乾燥肌」と「オイリー肌」の2つを合わせ持つ混合肌です。Tゾーンはテカるけど、Uゾーンはカサカサになりがちです。

乾燥が気にならないETVOS

・ETVOS 薬用 ホワイトニングクリアセラム(5500円/50ml)

肌荒れを防ぎ、なめらかでうるおいのあるすこやかな肌へと導いてくれるアイテムです。「@cosmeベストコスメアワード2019」では、ベスト美容液第1位に輝いています。

美白有効成分のトラネキサム酸がシミやそばかすを防ぎ、さらにくすみ(乾燥によるもの)など悩みにも同時にアプローチ。石油系界面活性剤、鉱物油、シリコン、着色料、香料、パラベン、アルコールは不使用です。

保湿成分として、プルーン酵素分解物やタイムエキス、イザヨイバラエキスなどを含みます。

化粧水をなじませた後、2プッシュを手に取り、手のひらを密着させるようにして塗ります。モイスチャライジングセラムなどほかの美容液を使う場合は、この後に重ねます。

使い心地:ミルクタイプの美容液で、テクスチャーはさらっとしていますが、塗り終わるとしっとりとした保湿感を感じます。ほんのりとラベンダーの香りを感じ癒されます。

翌朝:全体的な乾燥は気にならず、しっとりとしている感じがありました。ただTゾーンなどテカリやすい部分は少し油分が多くなってしまう印象。オイリー肌と感じる人は、メイク前は2プッシュではなく、1プッシュなど調節しても良いかなと感じます。

使い心地:★★★★
保湿感:★★★★
コスパ:★★★★

・メルヴィータ ネクターブラン コンセントレイト ジェルセラム(8580円/30ml)

透明感ケアに最適な「白ゆりオイル」「ホワイトシーリリー」を配合した美容液です。軽いジェルテクスチャーで、肌のすみずみまで濃厚な植物成分をチャージ。お値段は張りますが、一度は試してみたい美容液です。

使う時は、化粧水で整えた肌に、適量を顔全体から首筋にかけて、丁寧になじませます。

使い心地:透明のジェルタイプの美容液で、伸びもよく、塗った直後はもっちりとしました。ただ少し時間が経つとわずかに乾燥を感じました。香りは、ココナッツのようなほんのり甘さを感じます。個人的にはいい香りでした。

この商品はプッシュしてからスポイトで吸い上げるタイプなので、手が化粧水などでべたついていたりすると滑ってしまい少し使いにくい印象。ちゃんとプッシュしたつもりでも、時々思った量が出ない時がありました。

翌朝:全体的に潤ってはいましたが、乾燥しがちな部分が少し乾燥しているように感じました。ただ混合肌の記者にとってはそこまで気にならない程度です。

使い心地:★★★
保湿感:★★★
コスパ:★

・HANA ORGANIC ホワイトジェリー(6050円/30ml)

伸びやかなシロキクラゲのジェルに、朝鮮アザミやヨクイニンなど肌の不調に対応する和漢植物を配合した美容液です。外界の刺激に過剰反応を起こしている肌を心地よいジェル状の美容液がやさしく鎮めます。

化粧水で整えたあと、1プッシュを手に取り顔に伸ばします。シミやニキビが気になる箇所、できやすい所には重ね塗りがおすすめだそうです。その後乳液のステップに移りますが、肌が十分に潤っていると感じたら、乳液をつける必要はないとのこと。

使用感:黄色で粘り気のあるテクスチャーです。手に出すと少し粘りけはありますが、顔に伸ばすと軽い使用感で、さっぱりめな印象。ローズと少し柑橘をまぜたような香りがします。決して強い香りではありませんが、好みは分かれるかもしれません。

翌朝:顔がパリパリというほどまでは行きませんが、いつもよりは乾燥を感じました。夏場には向いているかもしれませんが、乾燥肌の人や冬場は物足りなさを感じるかもしれません。

使い心地:★★★
保湿感:★★
コスパ:★★★

残り2つの結果は?

・MeTIME AGホワイトニング セラム(7700円/40ml)

オーガニック植物を含む天然由来成分100%の薬用美白美容液です。薬用美白化粧品として数少ない国際的な有機基準「COSMOSオーガニック認証」を取得しています。

「ビタミンC誘導体」がメラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを予防。石油由来原料、合成保存料、合成香料、合成着色料、鉱物油、シリコンはすべて不使用です。

使い方は、化粧水の後に適量(1円玉大)を手に取り、顔全体に馴染ませます。

使い心地:プルプルとしたテクスチャーのジェル状です。スポイトタイプですが、使いにくさはありません。肌になじませるとスーッと馴染みます。程よいしっとり感で、乾燥せず、かといってべたべたしすぎるといったこともありませんでした

ラベンダーやベルガモット、ゼラニウムなど、天然精油のみをブレンドしているため、香りがとっても爽やか。個人的にはリラックスできる香りですが、比較的強く香るので、香りものが苦手という人にはちょっときつく感じるかもしれません。

翌朝:朝起きても乾燥は感じませんでした。テカリやすい部分は少し油っぽくなりましたが気になるほどではありません。メイクノリも問題なし。個人的には1円玉大でちょうどいい感じがしましたが、肌質によっては量を調節するといいかもしれません。

使い心地:★★★★
保湿感:★★★★
コスパ:★★★

・HONEYROA トゥエッセンシャルホワイトニングセラム s(7700円/30ml)

美白成分とオーガニックマヌカハニーを組み合わせた、ナチュラル発想の美白美容液です。「コスモスナチュラル認証」を取得。潤いを与え、明るくツヤのある肌印象へ導くとあります。

使う際は、手のひらに適量(2プッシュくらい)をとり、顔全体と首すじにやさしくなじませます。

使い心地:少しとろみのあるジェル状です。肌にスーッとのびすぐに馴染みます。エッセンシャルオイルをブレンドしているため、柑橘系の清々しい香りがふわっと広がります。少し時間が経つと、べたつき感は消えさらっとしました

翌朝:オイリー部分は気になりませんでした。一方で、乾燥しがちなUゾーン部分はパリパリとまでは行きませんが、少し乾燥が気になるなという印象でした。

使い心地:★★★★
保湿感:★★
コスパ:★★

【まとめ】1番のお気に入りは?

どの美容液も、保湿や使用感など多少の差はありましたが、そこまで大きな違いは感じられませんでした。朝起きた状態や化粧ノリなど、意識しなければ分からない程度です。

5商品の中で個人的に価格、使用感、保湿のバランスがいいと感じたのは、ETVOSの「薬用 ホワイトニングクリアセラム」でした。お手頃とまでは言えませんが、店舗によってはPLAZAやロフトなどでも手に入るので、手に取りやすいかなと思います。

その時々の肌悩み、価格などそれぞれ重要視する点も違いますし、肌質によっても違ってきますが、ひとつのご参考に。