東京2020オリンピックを通し、福島県産の桃が注目されています。

「復興五輪」のおもてなしが海外チームに大好評

東日本大震災の被災地が復興しつつある姿を伝える「復興五輪」。東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の理念の一つとして、大会招致の時から掲げられてきたものです。

聖火リレーは被災地のひとつ、福島県からスタートしました。また、福島あづま球場では、ソフトボール・野球の試合が実施されています。

福島県といえば、日本有数の桃の産地として有名代表チームを桃でおもてなしすると、「美味しい」「ずば抜けている」と大好評でした。その好評ぶりが多数のメディアで報道され、SNSでも話題になっています。

「ずば抜けている!」 ソフトボール米、豪の両監督が福島の桃を絶賛(7月24日・産経新聞WEB版)

「福島の桃、食べ過ぎて太ったよ!」米ソフトボール監督が福島県でのおもてなしに「アイラブ・フクシマ!」と感謝(7月24日・FNNプライムオンライン)

「こんなにおいしいものは食べたことがない」福島県産桃、五輪選手に好評(7月29日・福島民報WEB版)

劇勝発進の侍ジャパン稲葉監督も福島の桃「おいしかったです」関係者に感謝(7月28日・日刊スポーツWEB版)

こうした報道を受け、改めて福島の桃を食べたくなった記者は、都内のスーパーに足を運びました。

みずみずしく、爽やかな甘さ

記者が訪れたのは、首都圏・近畿圏でおなじみのスーパー「ライフ」。都内の店舗を訪れると、福島県産の桃がたくさん置いてありました。

福島県産の表記があった桃では、中玉サイズ1玉が278円、中玉サイズ2玉入りが518円、大玉サイズ2個入りが734円、不揃いの5〜7玉が入った1箱が1080円、黄金桃2玉入りが753円でした。

中玉サイズくらいの新潟県産の桃は4個入りで645円だったので、福島県産の桃はやや高めの印象です。

記者は、大玉サイズ(2個入り734円)を購入してみました。1玉の重さを測ってみると、256gでした。

綺麗な桃色で、甘い香りがします。少し柔らかさもあり、まさに食べ頃です。

皮をむいて食べてみると、みずみずしさと爽やかな甘さで、口の中が幸せになりました。香り高くジューシーな味わいは、まさに暑い夏にぴったりです。

福島県では、国のガイドラインによる農林水産物等緊急時環境放射線モニタリングや、産地・生産者による自主検査など、農産物等の放射能検査を行い、安全な農産物等だけが流通・消費される体制を作っています。

モニタリング結果は、福島県の復興関連情報ポータルサイト「ふくしま復興ステーション」で公表されています。たとえば、7月26日公表の検査結果には、須賀川市、本宮市、鏡石町の桃が含まれていますが、いずれも放射性セシウムは「検出せず」と記載されています。

この夏は安全で美味しい福島の桃を楽しんではいかが。